ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパン ワールドカップ出場 と、女子ラグビー高校留学生の日本のTV出演 決定!!

<日本代表 ワールドカップ出場決定おめでとう!!>

ジャパンのワールドカップ出場決定おめでとうございます!

週末のアジア5カ国対抗戦で香港を94対5で下し、2011年にニュージーランドで行なわれるワールドカップ出場を決めました。おめでとうございます!

ラグビーワールドカップ2011 の公式サイトでも、New Zealand welcomes Japan for RWC 2011 というタイトルで以下のように記載されています。

http://www.rugbyworldcup.com/destinationnewzealand/news/newsid=2037671.html#new+zealand+welcomes+japan+rwc+2011

Japan will be warmly welcomed to New Zealand next year after the team secured its berth for Rugby World Cup 2011 (RWC 2011) as winners of the 2010 Asian 5 Nations tournament.

また、ジョンカーワン ヘッドコーチのコメントも掲載されています。

http://www.rugbyworldcup.com/qualifying/news/newsid=2037650.html#kirwan+delighted+with+japan+world+cup+berth

Kirwan delighted with Japan World Cup berth

Japan coach John Kirwan was naturally delighted with Saturday's 94-5 win over Hong Kong, a result which booked his team's spot at next year's Rugby World Cup in his home country, New Zealand.
"We have qualified for the World Cup so I am very happy," he said. "The players have worked very hard and that was our best performance in the competition so far."


ジャパンは、6月4日には、ワールドカップでフランス戦を行なう、North Harbour Stadium でノースハーバーのチームと強化試合をする予定です。


<女子ラグビー高校留学生が日本のTVで紹介されます!>

ツイッターやキックオフNZ のブログでもすでに紹介しましたが、現在ニュージーランドのロトルアで、キックオフNZ を通じて女子ラグビー高校留学をしている日本人留学生が、日本のテレビで紹介されます。

5月30日日曜日 午前10時25分から10時55分
読売テレビ
グッと地球便

日本でラグビーをしている小学生、中学生、高校生に限らず、ニュージーランドでの留学を考えていらっしゃる方、ラグビーのコーチの方、ニュージーランドに興味のある方など、是非5月30日日曜日の読売テレビ、朝10時25分から放送の「グッと!地球便」をご覧ください。ラグビー留学はもちろん、ロトルアでの高校留学生活についてもたっぷり紹介される予定です。

次回予告は以下からご覧いただけます。
http://www.ytv.co.jp/chikyubin/oa/next.html

5月30日放送は関西圏だけのようですが、遅れて放送する地域もあるようです。詳しくは、下記サイトか各地方の新聞、雑誌をご覧ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%83%E3%81%A8!%E5%9C%B0%E7%90%83%E4%BE%BF


(Kickoff-T)




スポンサーサイト

日本ラグビーリーグ

先日、ラグビーリーグのことについてこのブログで少し書いたら、日本のラグビーリーグ協会の方からご連絡をいただいた。日本でラグビーリーグ普及のためにがんばっていらっしゃる。

日本では、ユニオンも人気低迷が言われているが、リーグにいたっては、ユニオンの選手でさえどこでどんな試合や活動が行われているか知らないという方も多いようだ。確かにあまりなじみがないし、情報が少ないので入り口もわからないということもあるだろう。ただ、ニュージーランドやオーストラリアのように、両方とも人気があるという国もある。どちらかを好きになって、他方にも興味を持つという人もいる。

また、機会があれば、ラグビーリーグの情報についてもこのブログでご紹介できればと思っている。





(Kickoff-T)

ブレディスローカップ in 東京

2008年のブレディスローカップ戦の1ゲームは香港で行われたが、2009年は、東京での開催が検討されているようだ。

オーストラリアラグビーユニオンのJohn O'Neill氏は、2008年の香港開催が成功したことを受けて、2009年もオーストラリア、ニュージーランド、両国以外でのでの開催を検討しており、現在のところ東京が最有力候補であると語っている。

すでに、日本ラグビー協会とは話し合いを進めており、開催候補地は、Twickenham、Denver、そして東京の3つが上げられているが、東京が今のところ最も適した都市であると考えているとのことだ。ラグビーの普及と言う観点から見ても、東京は最も開催したい都市だとも言っている。

これが実現すれば、すごい。日本のラグビーファンは皆見に行きたいと思うだろうし、新たなラグビーファンを作るいい機会だと思う。

もし東京開催が実現したら、新たなラグビーファン獲得に向けて、日本のラグビー以外のメディアでも大きく取り上げてほしいと思う。




(Kickoff-T)

ジムラブ in Japan その1

11月初旬、New Zealand Sports AcademyのCEOであり、ニュージーランドマオリオールブラックスのアシスタントコーチでもある、ジムラブが、ラグビークリニック開催のため日本に2週間ほど滞在しました。


Jim Love 001




滞在中は、ラグビークリニック開催、大学・高校ラグビー部訪問、日本ラグビー協会訪問など、たくさんの日本のラグビー関係者の方々とお会いすることができました。お会いした皆様、お会いできて本当に楽しかったです。ありがとうございました。




日本の、特に若いラグビープレーヤーを見た、ジムラブの感想。

「ニュージーランドの若いプレーヤーと比べて、飲み込みがはるかに早い。それに集中力がある。そこが日本人の大きなアドバンテージだ。」

「中には、身体のバランスがとれていて、鍛えれば、ニュージーランドでも十分通用するプレーヤーもいる。」



では、日本のプレーヤーに何が必要なのでしょうか。

「日本のプレーヤーに足りないのは、しっかりとしたコーチによるトレーニングだ。一部の高校生プレーヤーなどは、テレビで見た派手なプレーを、見よう見まねで身に付けようとしている人もいる。そうではなく、基本をしっかりと何度も練習することが大切だ。」



クリニックの際、ジムはいつも次のように言っていました。

「ラグビーはシンプルなスポーツだ。一つ一つのプレーを理解しながら身に付ければ、必ず上手くなる。体の大きな相手にも勝つことができる。そのためにはテクニックを身に付けることが必要だ。その基本的なテクニックをコーチから学ぶことが、今の日本のプレーヤーには必要なのではないか。」



(Kickoff-T)




TOYOTAチーム最後の練習

8月初めからロトルアで合宿をしていたTOYOTAのチームが、ロトルアで最後の練習を行った。

NZSAのBOYS達も一緒にグランドに出た。


toyota_run01.jpg


総勢50人以上で、走る。


toyota_run02.jpg


走る。



toyota_run03.jpg



走る。

toyota_run04.jpg



そして最後の最後は、


toyota_goup01.jpg


駆け上る。


toyota_goup03.jpg



トロイも一緒に登る。

toyota_goup04.jpg



後3本。後2本。

後1本で、ロトルアでのトレーニングも終わりだー。元気出していくぞー!掛け声が飛ぶ。





練習後、NZSAのダリルからTOYOTAの皆さんにフェアウエルの挨拶。

toyota_farewell01.jpg



TOYOTAのチームからもNZSAに記念品が贈られる。


toyota_farewell02.jpg



toyota_farewell03.jpg




TOYOTAの皆さん。合宿お疲れ様でした。ロトルアで皆さんにお会いできてよかったです。




















TOYOTAの試合結果

ロトルアでトレーニング中のTOYOTAチーム、8月6日(土)に、タウランガを拠点とするBay of Plentyと試合を行った。

TOYOTA<B>が、Bay of Plenty Under 23とまず試合をし、TOYOTA<A>がBay of plentyと戦った。

残念ながら、Aチーム、BチームともにTOYOTAが敗れた。

Aチームと戦ったBOPのメンバーは、メンバー中10~11人がライオンズ戦にも出場したという、ほぼベストメンバーであったらしい。
BOPはニュージーランドのDivision1に属するクラブチームであるから、それを考えると、30-15(正確なスコアはわかりません。ごめんなさい。)ぐらいでの敗退というのは、TOYOTAチーム健闘したといえるのではないか。



TOYOTAは、今日もロトルアスタジアムで練習するそうです。
ロトルア今日は雨があがり、青空が広がっています。

(Black Kiwi)

TOYOTA ロトルアに遠征中

8月3日、アカデミーのあるロトルアインターナショナルスタジアムにて、TOYOTA対Bay of Plenty Under20の練習試合が行われた。
toyota_1.jpg


試合は、TOYOTAチームが圧勝。
スコアボードがなかったので、得点はわからないが、何十対0の圧勝であったのは間違いない。

toyota_2.jpg


BOPのU20(20歳以下)というクラブチームは、アカデミーのBOYSも圧勝したぐらいのレベルなので、TOYOTAが勝つのは当たり前といえば当たり前。
タックルをかわして、TOYOTAが抜き去り、ポンポンとおもしろいようにトライが決まった。欲を言えば、もう少しTOYOTAの、パスを回してラインをつないでいくのが観たかった。ニューファルコンとの試合を控えた練習試合なのだから、弱い相手との試合中でももっとパスをつないでいく練習をすればよかったのではないか?(と素人は思った。)

明日、行われるBOP U23との対戦には、トロイ・フラベルやティアティアも出場するらしいが、どのような試合になるのか、楽しみである。日本のトップリーグのレベルがどのようなものなのか、すごく興味がある。
TOYOTAが勝てばいいのにな。

ちなみに、BOP U23はニュージーランドでどの程度のレベルなのか。
NPCのファースト・ディビジョンに所属し、昨年はベスト4まで残ったチームがベイオブプレンティ。
そのBOPの2軍?が、BOP Developmentである。
さらにその下が、BOP Under23(23歳以下)
つまり、BOPというタウランガを拠点とするクラブチームの3番手(3軍?)といった位置づけ。
明日TOYOTAと対戦するのはこのチーム。
日本のトップレベルのTOYOTAには、なんとしても勝ってほしいですよねえ。さんぼさんのいうように、できれば危なげなく勝ってほしい。


U20との練習試合が終了した木曜、スタジアムに練習にきたトロイ・フラベルに、ジムがインタビューをした。
ジムとトロイは、友達である。ニュージーランドにいる頃、トロイは、たまにゲストコーチとして、Boysの指導をしていた。

toyota_3.jpg


今、アカデミーのプロモーションビデオを作成中なのだが、トロイにも出演してもらったのだ。
少々アップでもうワンショット。

toyota_4.jpg



トロイは、一見「悪そう」に見えると、manaさんがコメントをくれたが、どうですか?
「悪そう」にみえますか?
実は私も、今まで、とっつきにくそうな怖い人かと思っていたが、話してみると実に穏やかで優しい人であった。


最後の写真は、もとハリケーンズのフィロ・ティアティア選手。
日本語がもうだいぶん理解できるようであった。

toyota_5.jpg

「日本でプレイするのは、楽しい。」とティアティア選手。


(Black Kiwi)

TOYOTAチームがやってきた

ニュージーランドで遠征中TOYOTAのみなさんが、本日よりロトルアで練習をしています。

朝、TOYOTAのみなさんを迎えて、ラグビーアカデミーのboysたちが、マオリ語での歓迎のスピーチとHAKAを行った。

toyota_020805_1.jpg

写真は、アカデミーの歓迎の儀式に参加するTOYOTAの選手たち。


NZSAの生徒たちは、午前中TOYOTAの練習を見学した。



toyota_020805_2.jpg



toyota_020805_3.jpg


TOYOTAには、もとオールブラックスのトロイ・フラベル選手と、フィロ・ティアティア選手がいる。ジムは、トロイと友達である。


toyota_020805_4.jpg



トロイ・フラベル選手は、2007年のW杯に、オールブラックスとして出場したいために、来年にはニュージーランドに戻ってくるらしい。
昨日のニュースでそのように言っていた。


TOYOTAは、明日の夜、Bay of Plenty U20と、土曜日には、
Bay of Plenty U23と試合をすることになっている。


TOYOTAが勝つといいな。


(Black Kiwi)

たくさん何かを得ましたか?

日本からやってきた高校生ラガーマン、タツ君のトレーニングが今週で修了だ。

tatsu_farewel_1.jpg


昼食のあと、ヘッドコーチのダリルが「タツが今日でアカデミーを修了する。タツ、前に出ておいで。」というと、boysはみんな拍手、拍手。
「タツー!!」と声がかかる。

「強さ」の象徴のマオリのボーンカービング(骨で作ったペンダント)と修了証書を記念に渡され、ダリルと硬く握手。

他の生徒たちに、「タツー!HAKAをやれー」といわれ、マオリ人のチームメイトと一緒に記念のHAKAを。

tatsu_farewell_3.jpg


tatsu_farewell_2.jpg



「タツは、体が小さいのにすごくタフだった。全身でこちらの言うことを聞き、全身で吸収しようとしていた。良くなったね。きみをコーチできてよかったと思ってるよ。」とダリル。


生徒代表として、年齢の近かったデールが挨拶。

tatsu_farewell_4.jpg


「タツ!お疲れさん。ぼくらはみんな、タツと一緒にトレーニングを受けられて楽しかったよ。またいつか会おう。」


ニュージーランドスポーツアカデミーで学んだことを、これからのタツくんのラグビーに生かせますように。
出会えてよかった。
また、いつかどこかで。


tatsu_farewel_5.jpg


(Black Kiwi)

NZプロコーチ、ジャパンラグビーを考える

ジャパンは、どうして、カナダやアイルランドに勝つことができないのか。
どのようにすれば、勝てるのか。
ジャパンラグビーについて思うところを、ジム・ラブに聞いてみました。

以下はTashiryさんからいただいたご質問です。


Japan was defeated at Canada in the other day's The Super-cup.
The attack of the line seemed to be defended effectively, and it to be difficult to exceed the gain line Japan.
First of all, I want to ask the impression to the rugby of traditional Japan.
And, you should request the solution on the extension line or there is other methods or I want to ask it.

スーパーカップの試合で、ジャパンはカナダに負けました。
アタックのラインが効果的に守られて、ジャパンはゲインラインを伸ばすことが難しかったようです。
まずはじめに、伝統的なジャパンラグビーに対する印象をお聞かせください。
そして、ラインをもっと得るためにどのようにしたらいいか、いい方法を教えてください。


pat.jpg



上記の質問に対し、ジム・ラブにインタビューしてまいりました。
以下、ジムの答えです。


ジャパンに対するあなたの印象は?

ジャパンチームとは、トンガチームを率いていたときなど、何回か試合をしたことがあります。
ジャパンに対する私の印象は、
Very fast (速い)
Very organized (組織だっている)
Very structured (構造化されている)
ということです。
とても、いいチームです。



ジャパンに知っている選手はいますか?いいと思う選手は誰ですか?

個人的に知っているという選手はいませんが、試合を観て何人か良いと思った選手がいます。
名前はわからないのですが、ジャパンはフォワードに非常によい選手がいました。Hookerも良かったし、ロックやフランカーなどJumperもすごく良かった。



ジャパンは、カナダにも、主力選手を欠いたアイルランドにも、勝てなかったのですが、どうしてだと思いますか?


もっと、フォワードを使った方がいいと思います。
Use the forward to break the gain line and create quick front foot ball.
これが大事です。
 


アイルランドとの1回目のテストマッチでは、ジャパンは攻めがたりずに、キックばかりを多用し、つまらない試合でがっかりしたと言っている人が多かったのですが、そのあたりをどう考えますか?


それこそ、まさに、もっとフォワードを使わないといけないという理由です。
ラックとモールをしっかり組み、ボールをしっかりキープすること、そこからバックスにつなげれば、ラインをextendすることができるはずです。
ジャパンはせっかくフォワードがいいのだから、モールでボールをgood controlすることが大事なんです。
あえて言うなら、そこがジャパンに少し足りないところだと思います。



ジャパンの選手は身体が細くて、体格的に、ニュージーランドやオーストラリアの選手に負けてしまうようなことはないですか?


NO!
大丈夫です。体格や体力で負けることはありません。
国の代表として(国を背負って)試合するチャンスが少ないだけです。
They can match nations.
もっと国際試合をたくさんしたほうがいい。
時間がかかると思いますが、ジャパンはもっと強くなると思います。
foward...and a maul is important.



jim_ray.jpg

NZ Maoriのフォワードの練習を監督するジム・ラブ




明日のアイルランドとのテストマッチ第2戦、ジャパンがいい試合をして、そして勝ってほしいものです。
観客が赤いジャージでスタンドをうめ、勝利の凱歌がきけることを祈っています。

(Black Kiwi)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。