ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分から求れば、何でも得られる。

日本人高校生のショウヘイ君が、昨日で4週間のトレーニングを修了した。

shohei_5.jpg


1ヶ月前、アカデミーにやってきた彼は、英語が流暢でなかったこともあってか、おとなしめで、自分からはアカデミーのboysに話しかけようとせず、他の日本人留学生とずっと一緒にいた。


「ぼくは、日本人の先輩に頼ってばかりで、自分からチームメイトに話しかけようとしなかったんです。」


1ヶ月たった今、ショウヘイ君は、真っ黒に日焼けした。
トレーニングの成果がでて筋肉がついて一回り大きくなった身体とともに、顔つきがここに来た当初とは全く違う。
「なんか、大人っぽくなったねー。顔がかわったね。」というと、「はは。そうですかねー?」と照れる17歳のシャイな素顔がのぞく。


ショウヘイ君は言う。
「日本人の先輩に頼ってばかりで、自分からみんなに話しかけようとしなかったぼくは、ある日、チームメイトの一人に怒られたんです。『ショウヘイ!それじゃだめだ。自分の言いたいことは、自分で英語で伝えろ。タツに代わりに言ってもらうのでなく、ゆっくりでもいいから自分でちゃんと話せ!』と。それから、ぼくは気持ちを変えました。自分で話そう、自分から話しかけてみようと努力しました。」


「ぼくが英語で一所懸命自分の気持ちを伝えようとすると、みんな、ちゃんと聞いてくれた。わからないときは、『それはどういう意味?わからない』と言うと、もう一度、わかりやすく別の言葉で言い換えて教えてくれるんです。自分から話そうとしない人をみんなは、ほっておくけど、何かを教えて欲しいとか自分から求めれば、みんなちゃんと教えてくれるんです。それで、ずいぶんみんなと仲良くなれたし、ダリルやジムにもいろんなことをたくさん教えてもらって、ラグビーのスキルも身につきました。」

shohei_4.jpg


今では、すっかりみんなとうちとけ、歳が一番若いせいもあって、みんなに「ショウ」「ショウヘイ」とかわいがられている彼。
彼がアカデミーを修了する日、みんなショウヘイ君の周りを囲んで離れなかった。
「飛行機は何時発だ?」「何時にオークランドに着くんだ?」などあれこれ尋ね、「来年もこいよ」「また逢おう」と。
「ショウヘー...行かないでくれー」と言いながら、泣きまねする人もいた。


きみが自分の気持ちの持ち方をかえたから、周囲もかわったんだね。
がんばってる人、前進しようとしている人のことは、誰もが応援したくなるから。


練習のない日に、自分からスキルコーチのダリルに「できれば、ぼくにキックを教えてください」と頼んだショウヘイ君。
ダリルは快く「いいよ、じゃ、個人特訓してあげよう。」といろんなキックを教えてくれた。


「みんなにすごく優しくしてもらいました。ジムさんは、ぼくと先輩を家に招いてくれて、晩御飯をご馳走してくれた後、『じゃ、はじめようか』と、紙を持ってきたんです。そこには、フランカーとして知っておくべきことがすべて書いてあり、一つ一つ詳しく説明してくれたんです。ぼくはほとんど知らないことばっかりだったんですけど。...感激しました。」

shohei_1.jpg


練習中も、ジムやダリルの指導内容を、アカデミーの先輩たちがわかりやすく説明してやってみせてくれる。
「ショウ、こうやってやるんだ。」



どうしてそうするのか理論を教えてもらった。
理論を理解して、言われたとおりにやってみると、できた。
苦手だったパスがうまくなった。
スパイラルもできるようになった。

そして、「できた」という自信が、きみの顔つきを変えた。


「このアカデミーは、すごいところです。ここでは、自分で求めない人は、何も得られないけど、自分でちゃんんと求めれば、何でも得られるんです。自分がどうしたいかをちゃんと伝えなければいけない。そのことも勉強になりました。」

1ヶ月で別人のように男らしいたくましい顔になった17歳の言葉は、深い。

shohei_2.jpg



ダリルがショウヘイ君のことを評して、こう言った。
「ショウは、全身で学ぼうとしていた。そしてスポンジが水を吸うかのように、全身で吸収した。飲み込みが早かった。ショウをコーチできてよかったよ。」

shohei_3.jpg



「ここでみんなに逢えて本当によかった。いろいろ教えてくれてありがとう。来年、また来たい!」

英語での堂々たるスピーチであった。
ショウヘイ君、待ってる。
来年、また逢おう!


(Black Kiwi)
スポンサーサイト

きみたちは、ひとつのチームなんだ

New Zealand Sports Academyの午前中のフィットネス練習終了後、コーチのダリルが、生徒たちに注意をしていた。


背筋がしゅっとのびて姿勢がよく、いつも穏やかにニコニコしているダリルが、いつになく、声を荒げていた。


「今日は、僕は君たちにがっかりした。
今日の走りこみの練習のときだ。
自分が終わったら、あとは他の人たちの走りは見なくていいのか?お互いに見合って、アドバイスをしあうべきなのではないのか?君たちは、一つのチームなんだ。個人の能力をのばしても、チームとしての力がないと勝てないんだよ。なんのために練習しているのか、試合に勝つためだろう?そのためには、チームとしてベターにならないといけないだろ?それをちゃんと考えないとだめだ!」




ダリルの言ってることは、全く当たり前のことだ。
たまたま練習中にちょっと手を抜いている生徒がいたのだろう。
生徒たちは、神妙に真剣に聞いていた。
こんなとき、ニュージーランドの若いラガーマンは、うつむいたりしない。
まっすぐ顔をあげて、みんな話しているダリルの目をじっと見ていた。

110505_1.jpg

昼食をとりながら、午前中の練習の様子をビデオで観て分析する生徒たち。
(この直前に、ダリルに注意をうけた。)


We are a team!We have to be better as a team.
そうやってゲキをとばすダリルの言葉に、私は少し胸が熱くなった。



110505_2.jpg

練習を監督するジムとダリル


(Black Kiwi)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。