ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伏見工業 vs Rotorua Boys' High School (RBHS)

先日、伏見工業ラグビー部が、ロトルアに遠征。Rotorua Boys' High School (RBHS)と練習試合が行なわれた。


RBHSは、サニックスワールドラグビーユースの大会で優勝経験のある強豪チームだ。あいにくの天気であったけれど、伏見工業の2軍チーム対ロトルアボーイズハイスクールの3軍のチームの試合を見に行ってきた。

伏見工業戦001




RBHSのグランドは、全面芝生。ラグビー場が3面取れる広さだ。北のグランドでアンダー15と伏見工業の3軍の試合が行なわれている間に、南のグランドで伏見工業の2軍の試合が行なわれる。これらの試合の終了後に、両校の1軍同士の試合が、中央のグランドであった。

伏見工業戦002




伏見工業2軍とロトルアボーイズハイ3軍の試合。前半はほぼ互角。2トライずつの14対14で折り返した。


後半は、力の差がじわりじわりと得点差を押し広げる。


伏見工業戦003




ロトルアボーイズハイスクールの3軍は、後半4トライ。それに対して、伏見工業2軍はトライできずに終わる。

伏見工業戦004




試合終了後、RBHS がハカを披露。このハカは、RBHS独特のハカで、ABsがやっているハカとは、また違う。伏見工業のメンバーも、一列になってハカに見入る。


伏見工業戦005



最後は、握手で、お互いの検討をたたえあう。


ちなみに、伏見工業の1軍対、RBHSの1軍の試合は、34対5で、ロトルアボーイズハイの勝利でした。



ロトルアボーイズハイスクールの学校長は、ラグビーに力を入れている。以前ニュージーランドのプロのラグビー選手のセレクターをやっていたということだ。もちろんご本人もラグビー経験者である。そして、ニュージーランドのラグビーユニオンにも強いコネクションを持っている。


ロトルアボーイズハイスクール001



この学校の特徴の一つに、スポーツアカデミーがある。スポーツアカデミーには、ラグビー、ゴルフ、クリケットがあるが、日本の高校の部活動とは全く違う。ニュージーランドの高校は日本と違って単位制であるが、例えばRBHSのラグビーアカデミーは、その内容が授業の単位として認められている。他の学生が音楽や芸術やAutomotive などの授業を取っている間に、ラグビーアカデミーの練習を授業の一環として受け、単位を取ることができる。


スポーツアカデミーの「授業」はほぼ毎日あり、今年のラグビーアカデミーのコーチは、現ベイオブプレンティースティーマーズの選手である、Ruki Tipuna 氏が行なっている。グランドでの授業はほぼマンツーマン。徹底的にプロのラグビープレーヤーが基礎から教えてくれる。


ロトルアボーイズハイスクール002




ロトルアボーイズハイスクールのラグビーアカデミーには、フィジーからなどの留学生も多数参加。そして現在、日本人高校留学生も1人参加している。


ラグビーアカデミーとは別に、週に2回、チームとしての練習が行なわれる。RBHSのラグビーチームとしての練習は、週に2回だけである。チームは、1軍から4軍とアンダー15に別れており、サニックスワールドラグビーユースの大会に出場したのは、1軍の選手達だ。

ロトルアボーイズハイスクール003




高校でラグビーをやろうと思っている、日本の中学生とそのご両親の皆さん。日本の中学を卒業してラグビーを続ける方法の中には、ロトルアボーイズハイスクールでニュージーランドのプロの選手から直接マンツーマンで教えてもらいながら、高校の単位も取得できる道もある、ということを、知っておいてください。そして、現在、1人の日本人留学生が、ニュージーランド人やフィジアン達に混じって、たった一人で異国の地でがんばっていることも、知っておいてください。


その、RBHSの3軍にいる日本人留学生は、今回伏見工業の2軍に勝てたことをとても喜んでいました。日本の高校に行かず、ロトルアボーイズハイスクールに来て、ラグビーをやって、本当によかったと言っていました。


RBHSを卒業したら、ひょっとしたら、ニュージニュージーランドでプロとして活躍できる可能性もあるかも知れません。少なくとも、日本の高校でラグビーをしているよりも、英語は話せるようになりますし、日本では絶対にできない経験もできます。ニュージーランドの大学に進学する可能性もありますし、オーストラリアやアメリカやイギリスの大学に進む道も開かれます。また、帰国子女枠などで、日本の大学に入学することもできます。あるいは、日本でプロとして活躍することも考えられますし、トップリーグなどの企業でラグビーを続けることもできるでしょう。

日本と一番違うことは、ニュージーランドをはじめ、フィジーなど、世界中にラグビーの仲間ができることです。


日本人初のオールブラックを目指す中学生の皆さん。ロトルアボーイズハイスクールへの入学を一度考えてみてください。今後の人生、ラグビーを続けていく道は、日本だけにあるのではない、ということも、一度考えてみてください。そんな若い日本人ラガーマンを、私はニュージーランドにいて、心から応援したいと思っています。


http://www.kickoffnz.co.nz/study/s_packages/s_hs_study.html


(Kickoff-T)








スポンサーサイト

トライネーション② オーストラリア対南アフリカ

49-0でワラビーズの圧勝。

スプリングボクス、ミスが多かった。
ワラビーズの得意な攻撃パターンがジャンジャン決まって、ワラビーズファンにとっては最高の試合だったでしょう。

去年、あんなに強かった南アフリカ、どうしたんだ?
ラーカム、レイサム、ジェレミー・ポール、グレガンと、ベテランのうまさが際立った試合でした。

(Black Kiwi)

トライネーション① オールブラックス対ワラビーズ

いやー、オールブラックス強かった。

やはりトライネーションが一番おもしろいですね。

ジェリー・コリンズが試合開始直前に、フィールドでおしっこしていたのが、新聞の一面に載って、ニュースにもなっていました。
おおらかでおもしろいですね。


リコ・ギアのHAKAはかっこいい。


試合内容について、みなさんの感想をお聞かせください。



ニュージーランドはインフルエンザが大流行。
風邪のため、記事のアップが遅くなってしまいました。
日本のみなさん、夏風邪にご注意ください。

(Black Kiwi)

トライネーション はじまる

いよいよトライネーション開幕。

Leon MacDonald
Rico Gear
Mils Muliaina
Aaron Mauger
Joe Rokocoko
Dan Carter
Byron Kelleher
Rodney So’oialo
Richie McCaw (captain)
Jerry Collins
Jason Eaton
Chris Jack
Carl Hayman
Keven Mealamu
Tony Woodcock

Reserves:

Andrew Hore
Greg Somerville
Ali Williams
Chris Masoe
Piri Weepu
Luke McAlister
Isaia Toeava


今年のワラビーズ、手ごわそうです。
(Black Kiwi)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。