ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IRBによるコーチングインフォメーション

ニュージーランドラグビーの話題ではないですが、iRB(インターナショナルラグビーボード)のサイトで、9月21日から新しくコーチングのインフォメーションがアップされました。

Coaching Library では、パス、キック、スクラムなどの項目別に、簡単な動画を使ったコーチングの方法が解説されています。英語の文章の量も多くなく、プリントアウトして辞書で簡単に調べられる範囲内だと思います。動画があるので、英語が多少わからなくてもおおよその流れは理解できます。

まず、Online Coaching のページ http://www.irbcoaching.com/ で、sign up today (サインアップ=会員登録)をクリックし、名前、住所、電話番号、ユーザーネーム、パスワードなど必要な情報を入力して登録します。その後また、同じページ http://www.irbcoaching.com/ に戻り、右側のLOGIN欄にユーザーネームを、PASSWORD 欄に先ほど入力した自分のパスワードを入力し、 sign in のボタンをクリックすると、コーチングのコンテンツが出てきます。見たいコンテンツをクリックすれば、動画とともに説明が英語で出てきます。

なお、登録した後5分くらいで確認のメールが届きますので、大切に保管してください。

(私も登録して今サインインする際、混んでいるのか、うまく行かないこともあります。時間を置いて再度トライしてみてください。)

(Kickoff-T)
スポンサーサイト

オールブラックス、スーパー14出場せず?

ワールドカップに向けて、オールブラックスのメンバーは来年のスーパー14のほとんどのゲームに出場しないことになりそうです。昨日そのメンバー22人が発表になりました。メディアやスポンサーの反対なども多いようですが、監督のグラハムヘンリーが、選手のコンディションプログラムを優先させるため、休ませることを強く要望したようです。

ニュージーランドヘラルドによると、ヘンリーは、「長期にわたってプレーするために、また、来年のワールドカップで優勝するために、選手のコンディションを整えることが大切だ。ただし、ワールドカップまではまだまだ時間があり、発表した22人が確実に選ばれるという保証はないし、他の選手にもまだチャンスは多く残っている。」と言っています。

発表になった22人は、4月のラウンド8までスーパー14には出場しないことになりそうです。今年の残りの、エアーニュージーランドカップやヨーロッパツアーのゲームで例え22人の内の誰かが怪我をしたりしても、そのメンバーを変えることは今のところないそうです。


南アフリカやオーストラリアは、今のところニュージーランドに続くことは考えてはいないようですが、南アフリカのジェイクホワイトは、選手の疲労については、前々からいろいろ言及しているようです。

発表された選手は以下の通り。(Protected players)

Forwards:
Jerry Collins (Wellington)
Jason Eaton (Taranaki)
Carl Hayman (Otago)
Andrew Hore (Taranaki)
Chris Jack (Tasman)
Richie McCaw (Canterbury)
Chris Masoe (Wellington)
Keven Mealamu (Auckland)
Anton Oliver (Otago)
Greg Somerville (Canterbury)
Rodney So'oialo (Wellington)
Reuben Thorne (Canterbury)
Ali Williams (Auckland)
Tony Woodcock (North Harbour)

Backs:
Dan Carter (Canterbury)
Byron Kelleher (Waikato)
Leon MacDonald (Canterbury)
Aaron Mauger (Canterbury)
Mils Muliaina (Waikato)
Joe Rokocoko (Auckland)
Sitiveni Sivivatu (Waikato)
Piri Weepu (Wellington)



(Kickoff-T)

2006年 トライネーション終了

あえて、オールブラックス対南アフリカ戦をふりかえるとは書かなかったのですが、いかがでしたか?

うーん、残念、残念。残念、残念。
何度書いても残念ですが、いい試合でしたよね。

記録更新ならず、でした。
あと何試合か勝てば、連勝記録がワールド記録になっていたそうですが、「その記録を達成するという熱望が少し足りなかった。」とヘンリー監督が言ってました。
「スプリングボクスのほうが、勝利への気持ちがどんよくだった。ハングリーだった」とも。


やはり、ロドニー・ソイアロですかね?
いいプレーもたくさんしていたけど。

ああああー、残念。
残念でなかなかブログを更新できませんでした。すみません。

(Black Kiwi)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。