ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー14中盤

スーパー14も中盤を向かえ、セミファイナルに残るチームとワールドカップのスカッドに関心が集まってきた。ABsのアシスタントコーチのウエインスミスは、まだまだワールドカップのオールブラックススカッドは「ワイドオープン(誰にでも開かれている)」だ、と語っているが、ブルースの試合を見ていると、Troy FlavellとDoug Howlett は間違いないだろうと言われている。

Mils Muliaina は3月中旬に足を傷め、8週間は試合に出られないということだし、Joe Rokocoko の怪我はそれほどたいしたことはないようだが、調整に時間がかかるのは間違いない。ワールドカップにどの選手が出場するか、ままだわからないし、サプライズもあるかもしれない。

Blues は 今年はToo Good だという人も多い。この週末のchiefs 戦が楽しみだ。Chiefs も最初の4週間はあまり調子が出なかったが、ここ3週間は勢いがついてきたようなので、ホームでのBlues 戦はひょっとすると勝てるかもしれない。

ワールドカップ終了後の移籍が決まっているByron Kelleher はChiefs でのプレーが今年で最後になるだろうし、是非がんばってほしい。

オールブラックスのメンバーが半数近くを占めるCrusadersが3位につけている。主将のリッチー・マッコウ選手をはじめ、オールブラックスの選手がもどってきたCrusadersがどこまで力をのばすのかが、みどころであろう。現時点で下位にいるニュージーランド勢の巻き返しにも注目したい。

現時点でのテーブル(勝敗表)は以下の通り
1.Blues 28ポイント
2.Sharks 25ポイント
3.Crusaders 22ポイント
4.Bulls 22ポイント
5.W.Force 21ポイント
6.Lions 20ポイント
7.Brumbies 18ポイント
8.Cheetahs 17ポイント
9.Chiefs 16ポイント
10.Highlanders 16ポイント
11.Hurricanes 14ポイント
12.Stormers 14ポイント
13.Waratahs 8ポイント
14.Reds 7ポイント

(Kickoff-T)


スポンサーサイト

JK の出演するテレビコマーシャル

3月12日のallblacks.com のニュース欄に、ジョンカーワン氏が出演している鬱病に対するキャンペーンについての記事が載っている。「ラグビー魂Vol.2 」でも、大友信彦氏によるJKインタビュー記事が掲載されており、そのページを少しお借りしてJKに対するニュージーランド人の人物像を少しだけ書かせて頂いた。そこでも触れたが、JKが出演する鬱病に対するキャンペーンが、今ニュージーランドで話題になっている。

以下、allblacks.com の記事を、まとめてみた。

ジョンカーワン
もしスーパー14のゲームをテレビで観戦しているのなら、オールブラックスのレジェンドであるジョンカーワンのコマーシャルを見たことがあるだろう。そこで彼は、オープンにざっくばらんに、彼の鬱の経験をカメラに向かって語っている。

「誰かに相談してください。愛する人、医者、精神科医など、誰でもいい。そして、相談した相手がわかってくれなければ、誰か理解してくれる人が現れるまで、相談し続けてください。」

この正直で心からのJKからの呼びかけは、ニュージーランド中に大きなインパクトを与えている。この鬱病に対するキャンペーンは、そのサインを見逃さず、早い段階で助けを求めるために行なわれている。JKのテレビ出演のおかげで、予想以上に多くの反響が寄せられているという。特に、スカイスポーツでスーパー14の試合の間に流されるようになってからの反響は大きい。

鬱病は、個人だけの問題ではなく、その家族にも大きな影響を与える。JKからのメッセージは、重要なサポートとなるだろう。

JKがTVコマーシャルの中で言う。

「もしショックを受けパニックになったら、希望にしがみついて、決して離さないでほしい。」

Call the depression support line on 0800 111 757 (in NZ)
log onto www.depression.org.nz


JKのテレビコマーシャルは、いくつか種類があるが、そのうちの一つが以下のサイトから見られる。

http://www.depression.org.nz/Misc/?SubGroupName=TVAd

(Kickoff-T)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。