ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールブラックス テストマッチ2007

ニュージーランドに冬がやってくる。
どんどん寒くなってきた。
テストマッチのシーズン到来だ。
スタンドに座っていても腰が固まるほどの寒さの中、選手達の身体のぶつかる音が澄んだ冬の空気の中で大きく響く。
選手達の身体から立ち上る湯気でボールが見えないほどだ。
そんなテストマッチのシーズンがやってくる。

今年は、ワールドカップでオールブラックスが優勝する(!)大事な年なので、トライネーションは早めにはじまり早めに終了の予定。
オールブラックス.comによると試合日程は下記の通り。

02 Jun New Zealand v France Auckland 7:35 pm
09 Jun New Zealand v France Wellington 7:35 pm
16 Jun New Zealand v Canada Hamilton 7:35 pm

まずは、フランスとの対戦。
大事な2戦である。2006年11月の欧州遠征の際、「今年のフランスはすごい。オールブラックスは負けるのではないか。」と言われていたが、ふたをあけてみると、オールブラックス圧勝。強さをみせつけた。
フランスは、「ベストメンバーでなかったからだ」と言っていたが、負けた言い訳をするためじゃないの?と考えるのは、オールブラックスファンの勝手な言い分。
ワールドカップをひかえたフランス戦は、大事な試合である。
フランスはあたりが強くラフプレイをするイメージがあるが、どうだろう。
オールブラックスの芸術作品のような美しいパスが見られるだろうか。



トライネーションの日程は以下の通り。
(試合開始時間は、ニュージーランド時間。)


16 Jun South Africa v Australia Cape Town 1:00 am
23 Jun South Africa v New Zealand Durban, SA 1:00 am
30 Jun Australia v New Zealand MCG 10:00 pm
07 Jul Australia v South Africa Sydney 10:00 pm
14 Jul New Zealand v South Africa Christchurch 7:35 pm
21 Jul New Zealand v Australia Auckland 7:35 pm


トライネーションはオールブラックスファンにとって、一番大事な試合である。オールブラックスがどんな試合をするのか、ちゃんと勝てるのかは、ニュージーランド国民の一大事。
オールブラックスの試合のある時間は、スポーツバー以外、夜の街はシーンとしている。
気持ちよく勝った試合のあと、みんなバーに繰り出す。
私は、だいたい家のTVで観戦しているが、オールブラックスの試合時間に合わせて、食事、風呂など一日の生活シフトを完璧に調整するのがならわし。
今年もまた楽しい時間がやってくる。



そして、ワールドカップ。


08 Sep New Zealand v Italy Marseille 11:45 pm
15 Sep New Zealand v Rep 1 Lyon 11:00 pm
24 Sep New Zealand v Scotland Edinburgh 3:00 am
29 Sep New Zealand v Romania Toulouse 11:00 pm

07 Oct Quarter Finals
14 Oct Semi Finals

21 Oct Final

今年こそ、優勝するぜ、オールブラックス!
優勝して、ディフェンディングチャンピオンとして、2011年にホームで他国を迎え撃つ。
最高のシナリオである。


(Black Kiwi)



スポンサーサイト

Record win for Under 19s

アンダー19のワールドチャンピオンシップが行われた。
ニュージーランド対ジャパン。
107対6の大差で、ニュージーランドの勝利。
今まで一番のハイスコアだそうだ。

フランカーの Luke Braid が開始6分のあいだに3トライをきめたのを皮切りに、どんどんトライがきまる。
前半終了時で、64-3.

ニュージーランドは、決勝プールにすすみ、金曜日にイングランドとの対戦。


どうしてこんなに差がつくのだろう。
体格が違うのか。
個人の技量が違うのか。
練習方法が違うのか。
チームワーク?
日本のラガーマンは、ラグビーを好きな気持ちではまったく負けていないと思う。
体格は確かにニュージーランド人の方が大きいが、身体機能は負けていないように思う。
日本のラガーマンは、練習量もニュージーランド人より多いのではないか。
練習が多すぎるのか?
練習が多すぎて、疲れているのではないか?

ラグビーを愛する一ファンとして、自分の国のチームがこんなに大差で負けると、少々寂しい。
ニュージーランドと日本、どちらも強いともっとおもしろいのになあ。
私がぼやいてもしかたないけど、でも、なんでやー?と叫びたくなる。


みなさん。なぜ、ここまで差がつくのだと思いますか?

(Black Kiwi)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。