ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポテトチップスがすごいことになっています

ニュージーランドの有名なメーカーbule bird(ブルバード)社が、ポテトチップスにラグビースーパースターカードをおまけにつけている。

チップス一袋につき、一枚のラグビー選手のカード。
ブルーバード社の思惑通り、このポテトチップス売れに売れている。
子供たちは夢中で集めている。
別売りのカードホルダー(アルバムのようなもの)は、すでに売り切れ。

誰でももれなくもらえる。
でもどの選手のカードが入っているかは、チップスの外袋をあけても見えない。
底の底のほうに小袋にいれられてお宝ははいっているから。
そのミステリアスさがいいのだろう。
人間、小さい頃からくじびきやあてもんは大好きな生き物だ。

私たちが、子供の頃「プロ野球スナック」というのが流行ったことがある。
ラグビースパースターカードとまったく同じ。
スナック菓子を買うと、プロ野球選手のカードが一枚はいっていて、それを集めるのだ。
ホームランカードとかいうのもあったっけ。ホームランカードがはいっているとどうなったのだろう?もう一つ、スナック菓子がもらえたんだったろうか?
当時30円か50円でそのスナック菓子は買えた。
私はあまり興味がなかったのだが、男の子たちは夢中で集めていた。
「お菓子いらんから、やるわ。」とスナック菓子は食べずに友達にあげるとかひどい子になると捨てたりして、問題になっていた。

同じ問題がニュージーランドでも起きている。
カードがほしいためにチップスを買う。
チップスばっかり食う。
「塩気と脂肪分ばかりであまり栄養的にはすぐれていないチップスばかりをこんなに食べるのは問題だ。」と栄養士がTVでコメントしていた。
母親も嘆く。
「チッピィばかり食べるから、おなかが減らずにご飯を食べない。」と。

また、友達と交換しているうちはまだよいが、欲しいカードを手に入れるために上級生が下級生を脅したり、いじめが起きたりという思いがけない問題も起こっているらしい。

ニュージーランド人にとって、ラグビー選手とはここまでヒーローであることの証ともいえるが、新聞やTVのニュースでまで取り上げられるとは、なんともおもしろい社会現象である。

全部集めると50枚になるカード。
日本だと、きっと大人買いする人も多いのだろうな。


私も試しに一つだけ買ってみた。
chips.jpg


中にはいっていたカードは、クルセーダーズの新星ステファン・ブレッド選手。
chips_2.jpg



うーん、ブレッド選手か。一瞬カーターかと思って大喜びしたのに。
一つだけ買ってカーターとかリッチーがでてきたら、それこそなんかいいことあるのじゃないかとうれしい。
ステファン・ブレッドかー、もう1回買ってみたらリッチーが出るかもしれないな、もう1回買ってみようかなと思わせるうまいやり方だ。

以前にウィートビックスというシリアルを買うとオールブラックスのグッズがもらえるという似たようなキャンペーンをやっていたが、それよりもチップスのほうがずっと売れたのではないだろうか。

そこまで、オールブラックスやスーパー14の選手は、子供達の心をつかんでいるということか。
牛乳やチーズなど身体によいものにラグビースターカードをつけると、子供が牛乳を飲むようになって世の親たちも喜ぶのではないだろうか。

関連ホームページ
http://www.bluebirdsuperstars.co.nz/


(Black Kiwi)
スポンサーサイト

ダニエルカーターのフランス移籍について

Daniel Carterが、フランスのラグビークラブToulon Rugby ClubからNZ$140万ドルから190万ドルでオファーを受けているということは、先月から大きな話題になっている。今年一杯NZRFUとの契約が残っているCarterには、まだまだ決断をする時間が残されているが、そのCarterにNZRFUが特別オファーをしている。フランスでシーズンにプレーしたとしても、6月にニュージーランドに帰ってきてまたオールブラックスでもプレーできる、という特別オファーだ。

NZRFUの規定によると、その年のオールブラックスに選ばれるためには、国内のコンペティションに出場していることが前提とされているが、その規則を選手によっては適応しないことができる、というオファーだ。NZRFUによると、このような変則な規則を適用される選手は、数名に過ぎないということだが、当然Carterには当てはまる。

懸念される、スーパー14のスポンサーやファンからの反対だが、それも大きな問題はないというNRFUの見解だ。

今のニュージーランドラグビーが考えるべきことは、3つあるとされている。一つは、オールブラックスの海外流出を防ぐこと、二つ目は、ワールドカップで勝つこと、そして最後は、ラグビーをもう一度楽しいものにすることだ。その3つの観点から見ると、今回のDaniel Carterに対する特別オファーも、NZRFUが当然検討すべき一つの方法だと思う。

ヨーロッパのチームとオールブラックスを比較すると、次のような違いがある。

[ ヨーロッパ ]
1チームに在籍
1人のコーチ
1シーズン2大会
オフシーズンがはっきりしている
家を空けることが少ない(最長でも連続2日間)

[ ニュージーランド ]
3チームに在籍
3人のコーチ
年間4シーズン(SP14、ANZCup、ABs2シーズン)
年間を通してオフ期間が少ない
年間180日は家を空ける

これに、収入の差を考えると、Daniel Carterがヨーロッパに興味を示すのも当然と思う。ブラックジャージーの魅力もまだあるが、それを上回る引きつける力がヨーロッパにはある。NZRFUもそれがわかっているからこその特別オファーだろう。

2007年のワールドカップで勝てなかったことが、単にその結果だけではなく、このようにだんだんとニュージーランドのラグビー界に影響を与えている。もはや世界一ではないブラックジャージーに固執するよりも、収入や環境を優先する選手が増えるのをとめることは難しい。Daniel Carter以外にも、多くのオールブラックスがヨーロッパや日本への移籍を考え、決めている。

今年のオールブラックスの結果も、今後の選手の動向に大きな影響を与えると思う。


(Kickoff-T)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。