ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールブラックス トレーニングスカッド発表

エアニュージーランドカップも決勝戦を残すのみとなった。決勝は結局、順当にカンタベリー対ウエリントンのカードとなった。

ベイオブプレンティをはじめ、タスマン、タラナキ、ホークスベイ、サウスランドなど、まだエアニュージーランドカップがNPCだった頃には、ディビジョン2に所属していたようなチームが、ベスト8に勝ち残った今年の大会は、いろんな意味で盛り上がったと思うし、ニュージーランドの選手層の厚さをファンが確認できた大会だったと思う。

そして、11月からオールブラックスのゲームが始まる。

昨日、25名の選手が、トレーニングスカッドとして招集された。この段階ではまだ、カンタベリーとウエリントンの選手は含まれていない。全てのチームを含めた、総勢35名の、11月の香港とイギリスの遠征のメンバーは、エアニュージーランドカップの決勝戦が終了後、10月26日の日曜日に発表される予定だ。

トレーニングスカッドのメンバーは、今日、10月21日から4日間のオークランドでのキャンプに参加する。ベイオブプレンティからは、Tanerau Latimer が選ばれた。また、Daniel Carterが抜けた後には、ワイカトのStephen Donaldが入る。オークランドのJoe Rokocokoも、怪我から復帰して久しぶりにオールブラックスに戻ってくる。

トレーニングスカッド25名は以下の通り。

John Afoa (Auckland)
Anthony Boric (North Harbour)
Jimmy Cowan (Southland)
Stephen Donald (Waikato)
Jason Eaton (Taranaki)
Ben Franks (Tasman)
Andrew Hore (Taranaki)
Richard Kahui (Waikato)
Jerome Kaino (Auckland)
Tanerau Latimer (Bay of Plenty)
Sione Lauaki (Waikato)
Jamie Mackintosh (Southland)
Keven Mealamu (Auckland)
Liam Messam (Waikato)
Mils Muliaina (Waikato)
Josevata Rokocoko (Auckland)
Sitiveni Sivivatu (Waikato)
Adam Thomson (Otago)
Brad Thorn (Tasman)
Isaia Toeava (Auckland)
Anthony Tuitavake (North Harbour)
Scott Waldrom (Taranaki)
Ali Williams (Auckland)
Tony Woodcock (North Harbour)
Rudi Wulf (North Harbour)


(Kickoff-T)
スポンサーサイト

エアニュージーランドカップ 2008

エアニュージーランドカップの、10週間に渡る Modified Round Robinが、先週末で終わり、14チームの順位が決定した。エアニュージーランドカップは、

Auckland
Bay of Plenty
Canterbury
Counties Manukau
Hawke’s Bay
Manawatu
Northland
North Harbour
Otago
Southland
Taranaki
Tasman
Waikato
Wellington

の14チームで戦われる。

10週間終わった順位は以下の通り。( )内の数字は最終獲得ポイント。ポイントは、一つ勝てば4ポイント、引き分けで2ポイント、1ゲーム中に4トライ以上すれば1ポイント、負けても7点差以内なら1ポイントが加算される。

Wellington(44)
Canterbury(42)
Hawke's Bay(34)
Bay of Plenty(28)
Southland(25)
Waikato(25)
Tasman(23)
Taranaki(23)
Northland(22)
Otago(22)
Auckland(22)
North Harbour(19)
Counties(13)
Manawatu(9 )

タウランガとロトルアを拠点とするBay of Plenty が今年は4位と大健闘。ヘッドコーチはヤマハでプレーをしていたケビンシューラー氏だ。また、今年はオークランドがファイナルに進めなかったという波乱があった。

そして、上位8チームがファイナルマッチに出場する。クオーターファイナルは、10月10日から12日の3日間で行われる。対戦カードは以下の通り。

10月10日
Canterbury v Tasman
Christchurch
7:35 pm

10月11日
Wellington v Taranaki
Wellington
5:05 pm

10月11日
BOP v Southland
Mt Maunganui
7:35 pm

10月12日
Hawke's Bay v Waikato
Napier
2:35 pm


その後、セミファイナルが行われて、ファイナルは10月25日の週末に行われる予定だ。その次の週の11月1日からオールブラックスのゲームが始まるので、ニュージーランドではずっとラグビーの試合を見ることができる。

Bay of Plenty はSouthlandに一度24対22で勝っているので、クオーターファイナルも是非勝利して欲しい。

エアニュージーランドカップは、皆地元のチームを応援するし、このレベルになると、高校の同級生や知り合い、親戚や家族などが出場している人もスーパー14などと違って増えてくるので、結構応援も盛り上がる。




(Kickoff-T)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。