ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人高校留学生の、ベイオブプレンティラグビーユニオン女子選抜チームの試合

以前にこのブログでも書きましたが、今年、ベイオブプレンティラグビーユニオンの、Secondary School Girls (高校女子選抜)の中に、日本人ラグビー高校留学生が選ばれました。セブンスがオリンピック競技に正式に選ばれて、日本でも女子のラグビー選手の育成が必須となっています。彼女も是非日本代表選手として、オリンピックに出場してほしいと思っています。

ベイオブプレンティラグビーユニオンのSecondary School Girls (高校女子選抜)の試合は、ノースランド、カウンティーズマヌカウ、オークランド、ノースハーバーとの4試合が、9月から10月にかけて行なわれました。日本人留学生は、最初のノースランド戦こそ最後の10分程度の出場でしたが、残りの3試合は先発メンバーとしてほぼフルで出場。ニュージーランドの高校女子としては最高レベルのチームとの対戦を経験していました。

ノースハーバー以外の3チームには残念ながら負けてしまいましたが、最後の試合は練習の成果も出て24対10で勝利。いいシーズンの終わり方をしたと思います。


ロトルアインターナショナルスタジアムで行なわれた、カウンティーズマヌカウ戦を見に行きました。

試合前の練習の後、ドレッシングルームに向うときは、全員で一緒に歩きます。気合と集中力が溢れているのが、遠くからでも伝わってきます。

BOPSSG



あいにくの大雨の中、両チームとも気合十分の中でキックオフ。ベイオブプレンティは思うようにパスがまわらず、相手の早いディフェンスになかなか前へ進めません。相手チームは前半から着実にトライを重ねます。

BOPSSG



9月半ばというのに、雨の影響もあって気温は低く、雨もどんどんひどくなり、コンディションはかなり悪かったです。日本人高校留学生も、雨と汗でずぶぬれになりながら、必死でボールを追っていました。

BOPSSG



大差をつけられた後半でも、大雨で悪くなった視界にしきりに顔をぬぐいながら最後まであきらめずに全力で戦っていました。

BOPSSG



ちなみに、女子の試合はレフリーも女子の方でした。

BOPSSG



試合終了後、今日の試合はどうだった、と聞くと、笑顔で「楽しかったです!」と答えてくれました。日本から一人でやってきて、ラグビー王国の同年代の最高レベルのチームと試合をして、雨と汗でどろどろになりながらも楽しかったと言える。そのパワーと前向きな姿勢に、見ている私も素直に感動しました。

ラグビーシーズンは終わりましたが、今、彼女は、ロトルアのタッチラグビーのチームに入って練習をしています。12月に日本に一時帰国するときは、地元のラグビーチームでまた練習すると言っていました。今年はまだ1年生。来年も是非、高校女子選抜に選ばれてほしいと思っています。





(Kickoff-T)
スポンサーサイト

最近のニュースより

本日は、最近のニュースをピックアップ。

【7人制ラグビーがオリンピックの正式種目に!】
2016年と2020年の夏季五輪の正式種目として、ゴルフと7人制ラグビーが採用されることが決定した。
スピードのある日本ラグビーには、セブンスは世界の強豪と互角に戦えるチャンスかもしれない。
またこの決定によって、女子ラグビーチームにも希望の光がさした。競技人口が少なく、なかなか世界の舞台にたてなかった女子チームにも普及と強化のチャンスがめぐってきた。
2016年の開催は東京ではなくリオデジャネイロに決まった。それゆえ、日本チームも、まずアジア予選を勝ち抜かなければいけないというハードルがある。 がんばれジャパン。

ニュージーランドにとっても、金メダルをとれるチャンスである。15人制ラグビーに加え、セブンスが世界的に普及することは、次期をになう若い世代のラグビー選手に大きなチャンスが与えられる。
セブンスがオリンピックの正式種目になったことはラグビー界の将来のためにもすばらしいことだ。


【All Blacks dot com の日本語版がオープン】
2009年10月、オールブラックスの公式ウェブサイトの日本語版がオープンした。
日本のファンにとってはうれしいことだ。まだ日本語で見られるページは少ないが、これからどんどん充実していくだろう。
http://www.allblacks.com/jp/index.cfm



【巨大ラグビーボールが東京タワーに登場】
2009年10月28日から11月3日まで、東京タワーの下にジャイアント・ラグビーボールが設置される。
このボールはパビリオンになっており、2011年に、ニュージーランドで開催されるラグビーワールドカップのプロモーションとして、ニュージーランド政府観光局が設置した。このボールの内部は360度の巨大スクリーンになっており、ニュージーランドのバーチャルツアーを体験できるとのこと。一般公開は29日から。約160名を収容可能で、入場は無料。
開催期間中は、マオリのパフォーマンスやNZの往復航空券などが当たる抽選なども用意されている。



【エアニュージーランドカップ、11週終わって】
11週終わっての順位は以下の通り。
1.Canterbury
2.Hawke's Bay
3.Wellington
4.Southland
5.Waikato
6.Auckland
7.Tasman
8.Bay of Plenty
9.Taranaki
10.North Harbour
11.Otago
12.Manawatu
13.Northland
14.Counties Manukau
BOPスティーマーズ、現在8位。9週終わった時点で4位だったのに。プレイオフへの夢はたたれた。残念。
Canterburyは、さすが強い。じわじわとのぼりつめ現在首位。若き勇姿ザックを有する.Hawke's Bay大健闘。去年も強かった。



ラグビーのニュースをピックアップしてみた。
日本でのブレデスローカップまであと2週間あまり。
みなさん、観にいかれますか?

(Balck Kiwi)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。