ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランドのジュニア(小中学生)ラグビー

以前のこのブログの記事、「子供たちは、楽しく競い合うことが必要。( http://nzrugby.blog9.fc2.com/blog-entry-26.html )」に、日本の小学生ラグビーボーイの親御さんから以下のようなコメントを2月22日にいただきました。

「10歳の息子さんのラグビーの練習について。大きな試合の前の練習は、前半は全体練習、後半はレギュラーの子たちの練習試合となっている。レギュラーの練習試合の間、控えの子は1~2時間見学をしており、ラグビーを楽しめなくなっている様子だ。ニュージーランドの子ども達はどんな練習をしているのか。」

という内容のコメントでした。息子さんの所属しているチームやコーチに対する批判ということでは全くなく、ニュージーランドのジュニア(小中学生)の練習はどんなものなのか知りたい、というご質問です。

私も常にジュニアの練習をずっと見ているわけではありませんが、私の知っている範囲内でニュージーランドのジュニアの練習について簡単に書いてみたいと思います。

以前にこのブログの「NZの一般のラグビープレー環境( http://nzrugby.blog9.fc2.com/blog-entry-246.html )」でも書きましたが、ニュージーランドでは、高校生の年齢(14歳から18歳)以外は、基本的にクラブチームに所属してプレーし、クラブチーム単位で試合に参加しています。

例えばロトルアやタウランガを中心とした、ベイオブプレンティ地域には、現在38のクラブチームが登録しています。そして、それぞれのクラブチームには、もちろん18歳以上の大人のチームもありますが、5歳から13歳までの年齢別のチームもあります。そして子どもチームのコーチはそのクラブチームの大人のプレーヤーが行なう、という場合が多いようです。大人のチームのプレーヤーの中にはチームによっては、エアニュージーランドカップに出場しているプロの選手も何人か含まれています。

5歳から13歳までの年齢別のチームは、ほとんどの場合、5歳以下のU5、6歳以下のU6などから、13歳以下のU13まで年齢別にそれぞれあります。大きなチームでは、それぞれの年齢別全てにチームがあるところもありますし、クラブチームによっては、U5、U7、U9 など、2年間の年齢で1チームを編成しているところなどもあります。またある年齢のプレーヤーが多いチームは、例えば、一つのクラブチームのU7に2つ以上のチームを編成しているところもあります。

そして、基本的には全てのチームが5月から8月に行なわれる大会に参加しています。例えば、U7に2つのチームがある場合でも、2チームとも大会に別チームとして参加しています。また、試合にはチームのメンバー全員がたとえ短い時間でも交代で出場しています。

ジュニアの大会は例えばベイオブプレンティ地域の場合、38のクラブチームを大きく3つの小さな地域に分けて行ないますので、1大会に約10~18チーム程度が参加します。同じクラブチーム以外でリーグ戦をしますので、5月から8月のシーズン中はほぼ毎週土曜日が試合となります。

従って、ジュニアのクラブチームに所属している選手全員が、ほぼ毎回試合に少しは出場できるということになります。

ニュージーランドの場合、ジュニアでも競技人口が多いこと、大人と同じクラブチームのジュニア部門があること、年齢別に細かく分かれた大会が運営されていること、1つのクラブチームの1つの年齢層の中の複数のチームが大会に参加できること、試合には基本的に全員出場できるようにコーチが交代させること、多くの試合や練習を運営できるだけの施設と人員があること、大会は基本的にリーグ戦で行なわれること、などによって、ジュニアのプレーヤーが楽しみながらラグビーを続ける環境が整っています。

以前のこのブログの記事、ジュニアラグビー親子留学も一度ご覧ください。
http://nzrugby.blog9.fc2.com/blog-date-200808.html

私の感想ですが、スポーツですので当然「試合に勝つ」という目標はありますし、「勝つ」喜びを味わうというのも多くの目的の一つとしてはあると思います。しかし、もっと基本的なところで、ラグビーを、スポーツを、「楽しむ」という方針が貫かれているように感じます。コーチが選手を試合に送り出すときにも、「がんばってこい」というよりも「楽しんでこい(Enjoy!)」と言うことが多いように思います。

日本でも、理想を言えば、所属人数の多いチームは複数のチームに分けて、全チーム別チームとして大会に参加できるようになれば、レギュラーの練習試合を控えの選手がずっと見ている、という状況は少なくなると思います。しかしながら、これはあくまでも理想で、練習場確保の問題、コーチの問題、大会運営の問題などがあり、実現するのはそう簡単ではないと思います。

日本のジュニアのコーチの方など、現状や感想、ご意見など、コメントやメールをいただけましたらうれしいです。



(Kickoff-T)
















スポンサーサイト

スーパー14 ラウンド2の結果

スーパー14、ラウンド2が終了した。
結果は以下の通り。
Highlanders v Blues 15-19
Reds v Crusaders 41-20
Sharks v Cheetahs 20-25
Lions v Chiefs 65-72
Hurricanes v W Force7 47-22
Bulls v Brumbies 50-32
Stormers v Waratahs 27-6

現在の順位は
1.Bulls 10点
2. Hurricanes 9点
3.Chiefs 9点
4.Stormers  8点
5.Reds 6点
6.Crusaders 5点
7.Brumbies 4点
8.Blues 4点
9.Cheetahs 4点
10.Waratahs 4点
11.Sharks 2点
12. Lions 2点
13. Highlanders 1点
14.W Force 0点

となっている。

現在の順位表は、スーパー14のウェブサイトでみられる。
http://www.rss14.co.nz/


(Black Kiwi)

スーパー14 ラウンド1

スーパー14がはじまった。
ラウンド1の結果は以下の通り。

Blues v Hurricanes Auckland 20-34
W Force v Brumbies Perth 15-24
Cheetahs v Bulls Bloemfontein 34-51
Crusaders v Highlanders Christchurch 32-17
Reds v Waratahs Brisbane 28-30
Lions v Stormers Johannesburg 13-26
Sharks v Chiefs Durban, SA 18-19

テレビでいくつかの試合を観戦した感想は、
「どのチームも力は均衡している。ミスが命取りとなる。」ということである。

例えば、チーフス対シャークスの試合。
75分を回ってから、チーフスのトライ。
負けていたチーフス、このトライで逆転。1点差。
ところが、カフイ選手がレイトタックルの反則をとられシャークスがペナルティゴールを決める。
また逆転。18-16
シャークスファン大喜びである。
79分40秒。
なんとかシャークスが勝った。逃げ切った。観ているもの誰もがそう思った。
しかし、80分すぎ。
こぼれたボールを拾おうとしたシャークスの選手がオフサイドをとられる。
チーフスがペナルティゴールの権利を得る。
オールブラックスのファーストファイブ、ステファン・ドナルド選手これをしっかり決める。
18-19!チーフス勝利。
劇的な逆転勝ちであった。
南アフリカでのアウェイでよくやった。
シャークスファンにとってはこれほど不愉快なことはないだろう。

簡単なことだが、保持するのは難しい気持ち。
「諦めない」
ああ、もうだめだと思った瞬間、闘志がなくなり終わってしまう。
ああ、もうだめだと思うとそこで勝てなくなる。
最後の最後まで諦めない。
大事なことだが、簡単なようで難しいことだと思う。
最後まで諦めないことが大事。
それが大事なことだとみんな知っているのだが、じゃ、どうやって?
モチベーションの保ち方、リーダーシップのとり方、チームの中での自分の役割の果たし方。
ニュージーランドではラグビーの練習の中にそれらのメンタルトレーニングを取り入れている。
そのトレーニングの成果が、ここぞというときに知らず知らずに出るのかもしれない。

私のようなへなちょこ人間には、諦めない気持ちを保持するhow toがよくわからない。
スーパー14に出ているトップの選手達は、そのhow toを体得しているような気がする。

(Black Kiwi)





2010年 スーパー14始まる!

スーパー14が、来週末にいよいよ開幕となる。
各地でプレシーズンマッチが行われている。ここロトルアでも、チーフス対ハリケーンズのプレマッチが、2月5日に行われる。

第1週の組み合わせは以下の通り。

Blues v Hurricanes Auckland
W Force v Brumbies Perth
Cheetahs v Bulls Bloemfontein
Crusaders v Highlanders Christchurch
Reds v Waratahs Brisbane
Lions v Stormers Johannesburg
Sharks v Chiefs Durban, SA

試合日程は以下。
http://www.super14.com/fixtures/


【2009年結果】
Semi 1 - Chiefs v Hurricanes 14-10
Semi 2 - Bulls v Crusaders 36-23
Final - Bulls v Chiefs 61-17

【2008年結果】
Semi1 Crusaders v Hurricanes 33-22
Semi2 Waratahs v Sharks 28-13
Final Crusaders v Waratahs 20-12



地方別のチーム編成なので、地元チームを応援できるのが楽しい。
ちなみに昨年準優勝であった我がチーフス、今年のプレマッチではすでに2敗しているらしい。

いよいよ開幕!
バンクーバー冬期オリンピックと同時期に始まる。スーパー14観戦とオリンピック観戦で、しばらく楽しい週末が過ごせそうだ。

(Black Kiwi)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。