ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジムラブ in Japan 林氏、大元氏とお会いする

神戸で、林敏之氏、大元よしき氏にお会いしました。

林敏之氏は、同志社大学3回生の時から13年間日本代表として活躍、神戸製鋼の7年連続日本一にも大きく貢献された方です。オックスフォード大学留学中にはブルーの称号を取得。36歳まで現役でプレーをされていました。現在は、神鋼ヒューマン・クリエイト社で、感性教育をテーマに活動していらっしゃいます。

林敏之氏のブログはこちら。
林 敏之の楽苦美(ラグビー)ブログ
http://t-hayashi.at.webry.info/

林敏之氏と




大元よしき氏
1962年東京生まれ。中学3年の時にラグビーと出会い、高校からラグビー部に入部。以来、17年間ラグビーと共に歩む。2005年「イーブック・アスリート」を開設。「生きることに価値があると信じ、前向きに生きる人には、美しく輝く未来があると信じる。」「評価を気にするよりも、一生懸命にやること、そのプロセスそのものが尊いものだと思う。」などをモットーに、活動を続けている。

大元よしき氏のブログはこちら。
ノーサイド「大元よしき」二本目ラガーマンの挑戦!
http://taigen.at.webry.info/



林氏は、オックスフォード大学に留学されていただけあって、英語は流暢に話されます。ジムともずっと英語で、ラグビーの話をされていました。



ジムも林氏もラグビーのポジションも同じで、また、現在の活動も共通するものがあり、昼食をとりながら、話は弾んでいました。



林氏は、日本で、ラグビー寺子屋という将来世代育成プロジェクトを実施されており、今回ジムが日本で行ったラグビークリニックや、ロトルアにあるNew Zealand Sports Academyと方向性がよく似ていることから、二人の話はラグビーに留まらず、ビジネスや教育にも及んでいました。

林敏之ラグビー寺子屋応援サイトはこちら
http://www.rugby-terakoya.com/



大元氏は、長年勤めた会社を辞め、現在はご自分でビジネスを立ち上げていらっしゃいます。そのきっかけとなったのも、林氏の講演を聴いたことだそうです。大元氏も、自分は二本目でまだまだだとおっしゃっていますが、日本で自分でビジネスを立ち上げるのは、なかなかできないこと。会社を辞める時の話や、ビジネスでの苦労など、いろいろ勉強になる話を聞かせていただきました。

林氏、大元氏と




ジムも、「今回林氏と大元氏にお会いできて、とてもいい時間を過ごすことができた。林氏には、同じラグビー指導者として、また、ビジネスマンとしても学ぶところが多い。今度は是非ニュージーランドでお会いしたい。」と言っていました。




(Kickoff-T)

スポンサーサイト

Comments

ありがとうございました。

こんにちは、大元です。
神戸では大変お世話になりました。また、とても有意義な時間となりました。ありがとうございました。

私も英語の勉強をしとけばよかったとあらためて認識し、これから息子たちと英語で勝負することにしたんですよ(笑)。
今度お会いするときには、一味違っているかもしれません。
そうなりたいです。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

★大元さん
日本では、お世話になりました。ありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願いします。
...私も英語にはいつも泣かされています。

  • 2005/12/08(木) 08:43:07 |
  • URL |
  • Black Kiwi #-

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/102-aed270fd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。