ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トライネーションにアルゼンチンが参加?!

ニュージーランドヘラルド紙によると、来年度からトライネーションにアルゼンチンが参加する可能性があるそうです。

南アフリカのサンデータイムという新聞に、報道されたとか。

The newspaper reported IRB chief executive Mike Millar saying there was nothing to stop Argentina joining the Tri-Nations next year if everyone wants it.

IRBのマイク・ミラー氏が言うには、みんながそれを望むなら、来年からアルゼンチンが参加することを止める理由はない。


みんなが望んでいるのでしょうか?
アルゼンチンが望んでいるのかな?

アルゼンチンも南半球の強豪国のひとつではあるけど、ニュージーランド・豪・南アと比べると、やはり弱いように思いませんか?

トライネーションという名前もかわるのでしょうか?3カ国でのコンペティションでなくなったら。

私は個人的には、トライネーションは、ニュージーランド・豪・南アの3ヶ国で競ってほしい気がします。
みなさんはどう思いますか?

(Black Kiwi)

スポンサーサイト

Comments

アルゼンチンですか???
確かに世界ランキングでは上にきているし、強いんでしょうけど・・・
AUSと南アとNZだから楽しみなんですけど・・・
私は、アルゼンチンは必要ないですね・・・

  • 2007/02/26(月) 18:49:12 |
  • URL |
  • さんぼ #-

私もトライネーションは、NZ,AUS,南アですね。アルゼンチンは、ヨーロッパに選手がいるのでシックスネーションの方がいいのでは?

  • 2007/02/26(月) 21:50:20 |
  • URL |
  • mana #-

けっこう、いいんじゃないでしょうか?

こんにちは。
個人的には、けっこうおもしろそうだと思うのですが…ロス・プーマス…(^^;
確かに“トライネーションズ”じゃなくなる(だろう)し、試合数の増加は気になりますけどね…。

  • 2007/02/27(火) 16:15:59 |
  • URL |
  • nzsheep #3UG7ZRW.

http://homepage.mac.com/kazan_01/PhotoAlbum23.html

アルゼンチンはある程度の実績を積んできているいとはいえ、まだまだラグビーはマイナースポーツ。競技国を増やすためにIRBも必死なのでしょう
アルゼンチンが加入したら南米でのラグビー人気も少しは高まるでしょうし
因みにブラジルにもラグビーユニオンがあってナショナルチームが育成されているらしいですよ。ラグビー人気ではウルグアイも小さいながら侮れない。サッカーのW杯第一回優勝国のウルグアイもラグビー人気はサッカーに負けず劣らずとのこと
やがてはサウスへミスフェアネイションズでしょうか・・・

★さんぼさん
同感です。なんか特別な思い入れがあって。

★manaさん
そう、6 nationsもおもしろいんでしょうね。私の家にはラグビーチャンネルがないので、観られませんが、観たいです。
トライネーションにアルゼンチンかー。うーん。

  • 2007/02/27(火) 20:32:13 |
  • URL |
  • Black Kiwi #-

★nzsheepさん
お、賛成意見ですね。
試合数が多くなるので、また、2試合ずつに戻すのかなあ。
アルゼンチンも確かに強くなりましたよねー。

  • 2007/02/27(火) 20:33:39 |
  • URL |
  • Black Kiwi #-

★ナベゾさん
IRBがこのことに結局的になっているようですね。
ラグビー人気を世界的にもっと高めるためには、いいのかもしれない。
アルゼンチンの人達、観ますかねえ。トライネーション。観るだろうな、やっぱり。

  • 2007/02/27(火) 20:37:28 |
  • URL |
  • Black Kiwi #-

賛成

はじめまして

かなり良いアイデアだと思いますよ。
正直ここ10年間はトライシリーズの影響で、AUS,SAとのテストシリーズのありがたみがかなり薄れて来ていました。

行く行くはフィジーやサモアも入れてシックスネーションズのようになるんですね、きっと。

  • 2007/02/27(火) 23:35:45 |
  • URL |
  • しゅん #-

ファンとしては、オールブラックスの試合が増えるのは楽しみですが、選手達は、試合数も増えて移動も多くなるし、負担はかかるでしょうね。昨日、ニュージーランドのテレビを観ていると、「アルゼンチンがトライネーションズに参加するのであれば、スーパー14にも参加すべきだ。」と主張している人がいました。一理ありますが、そうなると、選手の負担はかなりのものになるでしょうね。そこまで話が広がると、現実的ではないような気もします。

  • 2007/02/28(水) 07:48:33 |
  • URL |
  • Kickoff-T #-

JAPANと・・・

トライネーションズは、そのままで置いて欲しい気がしますね。Springboks,Warabies,All Blacksの3チームだから「特別」っていうのも、ありますからね。
強くなったアルゼンチンには、サモアやトンガなどと、Pacific Nationsの方に入って欲しい気もします。その方が、良いゲームが見られそう。
個人的には、そこにJAPANも入ってほしいです。JAPANも、強いチームと戦わないと・・・

  • 2007/02/28(水) 10:30:34 |
  • URL |
  • Megu #Bs/Xgq9g

Megu さん、返信が遅くなり申し訳ありません。Pacific Nations にアルゼンチン、いいですね。おっしゃるようにその方が、おもしろいゲームが増えるように思います。

  • 2007/03/14(水) 09:36:30 |
  • URL |
  • Kickoff-T #-

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2007/05/20(日) 00:30:39 |
  • |
  • #

こんにちは。アルゼンチン在住の者です。かなり前のトピですが、今頃コメント書き込ませていただきます。
アルゼンチンのトライネーションズ入りについて、現在行われているW杯で準決勝進出を果たしたことから、国内でもますます「我々も入るべきだ」というムードが高まってきています。そのアルゼンチンの人たちのその気持ちは、私もよくわかります。
参加国が増えることによるビジネス面での効果についてはわからないので意見しませんが、伝統の中に新しいものを加えるときには、やはり慎重にならなければいけないのではないか、というのが私の考えです。
今のロス・プーマスは確かに強く、ピチョットやコンテポーミ、エルナンデス、コルレットなど、いい選手も揃っています。でも、果たして数年後、国内から同じようなレベルの選手がどんどん出て来る土壌が出来上がっているのかというと、私としてはそう思えないのです。
今回のW杯での結果だけでなく、次回大会でも好成績を残すことができたなら、そこで初めて「入れてもいいかどうか」の検討がなされるべきではないか、と思います。

以上、アルゼンチンを応援しながらも、冷静な視点から意見を述べさせていただきました。

  • 2007/10/12(金) 04:27:02 |
  • URL |
  • precious31 #JUGsyThY

precious31さん
快進撃でしたね。今年のW杯。
今年のチームはすごい強かったんですよね。次回はどうでしょうか?
賛成です。次回もベスト4に残れるぐらいの実力があれば、トライネーションにはいっていただいてもおもしろいと思います。
セミファイナルでは、南アフリカのほうが一枚上手だと感じました。
アルゼンチンは暮らしやすいですか?一度行ってみたい国のひとつです。

  • 2007/10/16(火) 16:31:55 |
  • URL |
  • BlackKiwi #-

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/144-2bb8a74b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。