ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Luke McAlister が海外移籍?

ニュージーランドプレーヤーの海外流出が止まらない。

Filipo Levi が日本へ、Byron Kelleher がフランスへ、Aaron Mauger がイングランドへ、そして、Luke McAlister も、北半球への移籍が、ウエリントンでのフランス戦の後に発表されるのではと言われている。


確かに、プロのプレーヤーの視点からすると、いかに自分の力で、プレーヤーとしてたくさんのお金を稼ぐかというのが、個人個人の人生においてはもっとも重要な事柄の一つだと思うし、お金=評価、という側面があるのも否定しない。そういう意味では、現役のオールブラックスというブランドを持って海外に移籍するのは、最も自分を高く売ることができるいいタイミングだと考えるのも当然だ。もちろん、お金だけではなく、経験を積むとか、将来を考えてとか、その他の事情もたくさんあるだろう。

しかし、こうやってどんどんいいプレーヤー、特に、若いプレーヤーが海外に出て行くことが続くと、個人の問題ではなく、ニュージーランドラグビーや、ワールドラグビーの問題となってくる。

Graham Henry も、「Luke McAlister は、世界のトッププレーヤーになるチャンスがある。ニュージーランドには周りでそれをサポートしてくれる人々もいるし、環境も整っている。もし、彼が海外に出るのであれば、その環境とチャンスを逃すことになるかもしれない。彼にはそれを伝えてあるし、他のプレーヤーにも同じ事を言いたい。」と言う。

フォワードコーチの Steve Hansen も、「もし、海外のクラブがニュージーランドのプレーヤーを買い続けるのであれば、それがワールドラグビーに与える影響も考える必要がある」と言う。「ラグビークラブは、チームとしての向上を図るならば、できるだけ少ない外国人選手で戦うことを考えるべきだ。そのチームの選手のレベルアップなしには、いい試合を行うことはできない。お金をかけるのは悪いことではない。でも、それを自国の選手に使うべきではないか。」とSteve Hansen は疑問を投げかけている。


私の個人的な意見だけれど、Troy Flavell が2年間の日本での契約を終えて帰ってきて、またオールブラックスに選ばれたことで、海外で何年か稼いで戻ってきてからも、オールブラックスとして活躍できる、という考えが、若いプレーヤーにも広がってきたのではないかと思う。それまでは、オールブラックス引退間近や引退してからの海外移籍が多かったと思うが、若いうちに、オールブラックスのブランドを背負って海外に出て、戻ってきてからもまたオールブラックスとして、その「名誉」を保ち続ける、ということも可能であることが、わかったのではないか。

Dan Carter がいる限り、Luke McAlister はオールブラックスとして自分の本来のポジションではトップにはなれない。ならば、今は海外で違う経験を積みながら、しかもニュージーランドよりお金をもらって、戻ってきたときに、オールブラックスになれるように活躍する、と考えるのも、うなづける。それだけ、ニュージーランドでは「海外よりも稼げない」という現実もある。

私は、日本のプロ野球のことはあまりわからないけれど、最近の日本のトッププレーヤーのアメリカ大リーグ移籍なども、同じような問題を抱えているのではないだろうかと思う。

ニュージーランドラグビーの一ファンとしては、ニュージーランドで育った選手が、若くして海外に出て行くのは寂しい限りだが、プレーヤー個人や海外のクラブだけの問題ではなく、ニュージーランドラグビーとして今後どうしていくのかというアクションが、今後ニュージーランドラグビー協会からすこしずつでも出てくることを願う。


(Kickoff-T)
スポンサーサイト

Comments

マッキャリスタ!

カーターのような選手がいたら少なくても10年はレギュラーになれないわけで、マカリスタの気持ちが痛いように分かります
彼には日本に来てもらいたかったなあ

難しい問題

う~ん、サッカーに例えるならば
NZはブラジルやアルゼンチン状態なのかな・・・
南米サッカー選手の国外流出はもはや主要な輸出産業といっても過言ではないですからね・・・
とはいっても、常に新しいスターがポンポン出てくるわけですから、”良”の連鎖も期待できるのではないでしょうか。
マイケルジョーンズがABに出なくなった後、もう彼を越えるスーパーフランカーは出てこないだろうと思っていたらカンタベリーのスーパーフランカーが出てきたように。

  • 2007/06/09(土) 18:31:20 |
  • URL |
  • ロビタ #mt0IB4NY

★ナベゾさん
カーターがいなかったら、間違いなくトップですよね、ファーストファイブで。
フランス戦もすばらしい動きしてました。攻守ともに最高ですね、マッカリスター。
でも、キックいまいちですよねー。はいらないんだなあ。カーターがけっていたら、フランス戦ではあと10点ははいっていたなあと思いました。

  • 2007/06/11(月) 14:54:52 |
  • URL |
  • Black Kiwi #-

★ロビタさん
黒いジャージーを着ることは、お金じゃなくて誇りと夢のみ、みたいなところありますもんねー。
オールブラックスの選手にはもっと報酬をあげたいです。でも、いかんせんニュージーランド、そんなにお金がない。フランスに移籍予定のカレハーが試合後に言ってました。「次の世代に黒いジャージをゆずるときだ」と。
呼ばれるうちが花。現役のオールブラックスの海外移籍がめだちます。寂しいなあ、でも、人生一回しかないからいろんなところで自分の力を試したい、認められたい気持ちわかります。

  • 2007/06/11(月) 15:00:52 |
  • URL |
  • Black Kiwi #-

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/154-6f0bb5d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。