ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス戦 スカッド発表

ニュージーランド時間の7日朝行われるフランス戦のスカッドが発表になった。

Graham Henry によると、かなり悩んだ選択だったようだ。Dug Howlett がはずれて、フィジアンの2人、Sitiveni Sivivatu とJosevata Rokocoko が選ばれているのも、悩みに悩んだ結果だったようだ。ルーマニア戦で活躍したKeith Robinson は、「クオーターファイナルに出なければ、それ以降の試合には選ばれないだろう」とGraham Henry は言っていたようだ。怪我が心配されたDan Carter も何とか出場している。リザーブのNick Evans がどういうプレーを見せてくれるのか、どのタイミングでNick Evans が出てくるのか、このあたりが試合内容に影響しそうだ。

オールブラックスが勝つとは思うが、1999年のセミファイナルでフランスに負けているだけに、序盤戦からリードする展開で、安心して最後まで試合を見たい。

クオーターファイナルだけではなく、セミファイナル、ファイナルも視野に入れて選ばれているのだろう。これからの3試合、誰が出るのかも見所だ。

スカッドは以下の通り。

1. Tony Woodcock
2. Anton Oliver
3. Carl Hayman
4. Keith Robinson
5. Ali Williams
6. Jerry Collins
7. Richie McCaw (captain)
8. Rodney So’oialo
9. Byron Kelleher
10. Dan Carter
11. Sitiveni Sivivatu
12. Luke McAlister
13. Mils Muliaina
14. Josevata Rokocoko
15. Leon MacDonald

Reserves:

16. Keven Mealamu
17. Neemia Tialata
18. Chris Jack
19. Chris Masoe
20. Brendon Leonard
21. Nick Evans
22. Isaia Toeava



(Kickoff-T)





スポンサーサイト

Comments

えらい事ですね

オールブラックスのまさかの結果に
驚いています。現地ではすごい事に
なっているんでしょうね。
次回自国開催に向けてキックオフが
必要ですね

瑞穂さん、コメントありがとうございます。
ニュージーランドの新聞は月曜日もオールブラックスの記事で一杯です。日曜日の夜のテレビニュースでは、トップで15分間くらい報じていました。ワールドカップを放映しているTV3の現地からのアナウンサーが、試合後見るからに疲れきっていて、声も沈んでいたのが印象的でした。解説にケイスミュース元ABsもいたのですが、やはりLuke McAlister がシンビンで抜けてから流れが変わったといっていました。

すでにポストヘンリーに向けての報道もありますが、いまは、まだなぜ勝てなかったのか、という話題が中心です。まだ年季の浅い私みたいなファンでも結構精神的にきついですが、筋金入りのファンは体調を崩している人も多いのではないでしょうか。

  • 2007/10/08(月) 17:02:59 |
  • URL |
  • Kickoff-T #-

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/174-12bcfca7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。