ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップも終わった

ラグビーワールドカップ2007が終わった。

南アフリカの優勝は多くの人が予想していただろう。でも、その後ろで、多くの予想外の結果があった。

オールブラックスのクオーターファイナルでの敗退は、その最も大きな結果の一つだろう。10月の第2週は、ニュージーランド中が沈んだ雰囲気だったし、なぜ負けたのかについて、ニュージーランドの人のほとんどが話題にしていた。オールブラックスが負けた時点で今回のワールドカップは終わった、と言っていたファンも多い。

決勝戦。南アフリカとイングランドの選手の顔を見ていて、オールブラックスの強さに疑いはないけれど、やはり、この2チームの選手達に比べて、オールブラックスの選手には、何かが決定的に足りなかった、と感じた人も多かったに違いない。なぜ、勝てなかったのか。なぜ、南アフリカとイングランドが決勝戦にでているのにオールブラックスはそこにいることができなかったのか。決勝戦を見ながら、何かを感じた人もいると思う。

ニュージーランドヘラルド紙に、Sean Fitzpatrick 氏のワールドカップへのコメントが載っていた。

「今回のワールドカップでオールブラックスになりが足りなかったかを考えた時に、メンタルタフネスだ、と答えることに同意する人は多いだろう。では、なぜ他のチームに比べて、メンタルタフネスに問題があったのか。どうすればメンタルタフネスを強化することができるのか。」

Sean Fitzpatrick 氏は結論として

「オールブラックスの選手は、エアニュージーランドカップやスーパー14などの試合にもっと出て、試合数をもっとこなして、そこでメンタルタフネスを強化すべきだ。」と言う。

「ローテーションポリシーの名の下に、オールブラックスの選手達がコンペティションに出ないことで、自らオールブラックスの価値を下げているのではないか。なぜ、今年のエアニュージーランドカップのセミファイナル、ウエリントン対クライストチャーチ戦に、クライストチャーチでいい天気だったにもかかわらず7,500人しか観客が集まらなかったのか?オールブラックスの選手達が出ていなかったからではないのか? Richie McCaw が昨年何試合に出場したか。わずか20試合程度だ。ラグビーの試合が多すぎると言う人もいる。でも、年間25試合と言うのは、そんなに多いとは思わない。選手を疲れさせてはいけないと言う意見もあるだろう。でも、今回のワールドカップの他のチームを見るとわかるが、イングランドも南アフリカも、年間を通して同じチームで同じプレーヤーで戦っている。オールブラックスの選手が、クラブチームやプロビンシャルレベル、スーパーラグビーレベルでプレーしてこそ、ワールドカップで勝てるだけのメンタルタフネスを身につけることができると確信している。」

また、Tana Umaga は、以下のように言っている。

「オールブラックスは、今までゲームプランを改める必要がある。確かに効果的な部分もあるだろうが、できるだけミスを少なくするという観点から見ると疑問がある。ヨーロッパのスタイルはミスをしないスタイルで、これこそオールブラックスに必要な部分だ。オールブラックスが世界一のチームであることは疑いないが、ワールドカップでのアプローチは変える必要がある。敵陣にある程度攻め込んだら、単にトライを狙うだけではなく、考えられるあらゆる方法をためすべきだ。」

先日、日本でラグビーのコーチをしている方からメールをいただいたが、ワールドカップを見ていて、ディフェンスが強化され過ぎていてキッキングゲームが多く、見ていて昔ほど盛り上がらないというような内容だった。確かに決勝戦も結局ノートライ。相手のペナルティーが得点に結びつく試合だった。オールブラックスのように、単にトライを取るために、という試合運びでは勝てなくなってきているのかもしれない。

メンタルタフネス。これは、オールブラックスだけの問題ではないように感じる。ご存じない方も多いかもしれないが、今年の4月には、世界最大のヨットレース、アメリカズカップもヨーロッパで行われ、ニュージーランドは決勝戦にまでは進んだのだが、結局カップを取り戻すことができなかった。ヨットのチーム、「チームニュージーランド」にも、技術的な問題、クルーの問題、金銭的な問題などいろいろあるだろうが、ラグビーと同様に、メンタルタフネスにも問題があったのではないかと感じる。最後のレースなどは、わずか1秒差だった。

これから4年後のニュージーランドでのワールドカップに向けて、またいろいろな選手も出てくるだろうし、コーチやスタッフも変わるだろう。また、4ヵ月後にはスーパー14も始まる。今回カップが取れなかった以上、また全てが「カップに向けて」の道となる。2011年は、自国開催で優勝となることを、オールブラックスファンとしては祈っている。


(Kickoff-T)



スポンサーサイト

Comments

戦術

オールブラックスには国の威信をかけて常にプレーしていると思う。
だからその中で観客を楽しませなければいけない。
イングランドは強いFWを武器に手堅く攻め、PGをかさねて決勝まできた。
南アもハバナという絶対的なWTBがいるものの、決勝では手堅く攻めた。
しかしオールブラックスがそんなラグビーをして勝っても国民は喜ぶだろうか?
オールブラックスもあのような攻めかたをしたら勝てていたかもしれない。
しかしそんな勝利は期待していない。
ボールを大きく動かし、個人のランニングスキル、強さ、突破力を生かし場内が沸くようなプレーがみたいと国民は思っているに違いない。
15人の潜在能力の高さは世界一、それは2011年もおそらく変わりはないだろう。
しかし、W杯となると「勝つラグビー」をしなければならない。
2003年のウィルキンソンのように飛び道具は強さを無効化させる。
そんな中でオールブラックスは自分たちのスタイルを変えずに勝てるか、
それを次のW杯に期待したい。
そして書かれていたように試合数にも疑問が残ります。
スーパー14では主力を8週目まで休ませた。
結果、ブルズとシャークスの決勝となり南ア勢を勢いづかせてしまったのでは?


ちょっと語り口調になりましたがわたしはこうのように思いました。
クォーターファイナルで負けたせいか今回のW杯はオールブラックスの印象がまったくありません。
2011年、自国開催。
ここで負けたらNZのW杯のジンクスはしばらくなくなりそうにないですね。
管理人さんはどう思いますか?

  • 2007/10/28(日) 21:33:10 |
  • URL |
  • けい #mQop/nM.

けいさん、コメントありがとうございます。おっしゃる通り、2011年は必ず勝たないといけないですね。オールブラックスが自国開催のRWCに向けてどうすればいいか、どうなっていくのか、また近日中に記事を書こうと思っています。

ニュージーランドユニオンやオーストラリアユニオンの人など、いろんな立場からいろんな意見があるようです。けいさんのコメントにもありますが、ABsの試合の結果は、国中の関心ごとです。ABsの行動がニュージーランドのいろんな部分に影響を与えています。それだけに、いろんなところからいろんな意見が出て、一つの方向に持っていくのは難しいですし、一つの方向に持っていく力を持った人達が必要だと思います。

  • 2007/10/30(火) 09:12:39 |
  • URL |
  • Kickoff-T #-

結果的にローテーションポリシーが失敗だったって事ですよね。
それと、マーシャル、スペンサーなどなど海外組のAB再召集も考えないといけないかもしれませんね、
メージャーやマカリスターが海外に行ったらABに入れないとなると、ABの価値もさがるかな・・・
2011は海外組の召集もあるかもしれませんね

  • 2007/10/30(火) 15:29:56 |
  • URL |
  • さんぼ #-

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/176-38ec8d57
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。