ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008オールブラックス スカッド発表

オールブラックスのスカッドが発表になった。
2008 Iveco Series and Philips Tri Nationsのスカッドとして、26人の名前が発表された。
はじめて選ばれたのは、6人。

ノースハーバーの Anthony Boricと Anthony Tuitavake と Rudi Wulf
ワイカトの Stephen Donald と Richard Kahui
そしてオタゴのAdam Thomson.

ヘンリー監督はこう言う。
「新しく選ばれた選手たちは、スーパー14ですばらしい活躍をみせた選手だ。だからオールブラックスに選んだのだ。何人かの選手は、(怪我などの理由で)今年の最初から試合に参加していたわけではないが、ニュージーランドラグビーの核をなす選手として盛り返した。」

今週末に今年度最初のテストマッチ、アイルランド戦を控え、ヘンリー監督はこういう。
「2006年にアイルランドチームがニュージーランドにやってきたとき、彼らは強かった、そして、今年はさらに強くなっていると思う。すでに2週間前から、彼らはナショナルチームとしての強化キャンプをはじめている。我々にとって週末の試合は大きなチャレンジとなるであろう。」


チーフスファンの私としては、ワイカトのドナルド選手とカフイ選手が選ばれたことは、すごくうれしい。
ドナルド選手は、もともとカウンティーズ・マヌカウ所属の選手で、チーフスにデビューした時もすごく喜んでいた。経験不足による自信なさげなところがあったが、ここ数年でめきめき実力をつけた。
ブレンダン・レナード選手がカレハーとともに、W杯でオールブラックスに選ばれたあと、ますます速さを増して、うまくなり風格や自信を身につけたように、ドナルド選手も黒ジャージを着ることでさらにうまくなると思う。

カフイ選手は、2007年のチーフスのファンの集いで話して、ファンになった。
男前だが、すかしたことろのない優しいナイスガイだ。
ファン一人一人に丁寧に親切に応対してくれ、サインを欲しいけどペンがない子のためにペンをとりにいってくれたり、ずっとファンの間をまわって自分から話しかけてあげたりしていた。
当時1歳だったうちの娘に対しても、優しかった。
2007年は怪我のためほとんど試合に出られず、今年もはじめのうちは怪我のため出場できていなかった。そこから盛り返したのは、すごい。努力したんだろうな。
カフイ選手が、オールブラックスに選ばれたのは、うれしい。
彼の迫力あるHAKAが楽しみだ。



オタゴのAdam Thomsonが選ばれたことも、ニュースで大きく取り上げられていた。
Adam who?と話題になっていた。
「アダム?誰それ?」みたいなニュアンスであろう。
『ハイランダーズにはいることも夢であったトンプソン選手にとって、今度はオールブラックスにはいれたというのは、夢がかなったということだ。
でも、彼は常に自分ならできる、自分には成し遂げられる、と自分を信じて歩んできたので、ほほをつねってみるようなことはしなかった。』
とニュースになっていた。
26歳の新人。器の大きな人だ。プレイが楽しみだ。


All Blacks squad
Backs:
Leon MacDonald (Canterbury)
Mils Muliaina (Waikato)
Rudi Wulf (North Harbour)
Sitiveni Sivivatu (Waikato)
Anthony Tuitavake (North Harbour)
Conrad Smith (Wellington)
Richard Kahui (Waikato)
Ma'a Nonu (Wellington)
Stephen Donald (Waikato)
Daniel Carter (Canterbury)
Andy Ellis (Canterbury)
Brendon Leonard (Waikato).

Forwards:
Rodney So'oialo (Wellington)
Sione Lauaki (Waikato)
Richie McCaw (Canterbury, captain)
Jerome Kaino (Auckland)
Adam Thomson (Otago)
Ali Williams (Tasman)
Brad Thorn (Tasman)
Anthony Boric (North Harbour)
John Afoa (Auckland)
Greg Somerville (Canterbury)
Neemia Tialata (Wellington)
Tony Woodcock (North Harbour)
Keven Mealamu (Auckland)
Andrew Hore (Taranaki)

プロップの Tony Woodcockとハーフバックの Brendon Leonardは怪我をしているため、ハリケーンズの John Schwalger とハイランダーズのJimmy Cowan が代役として招聘された。
同じくJoe Rokocokoも怪我のため、選考からはずれている。


kahui.jpg

むかって左がカフイ選手。ナイスガイである。2007年チーフスファンの集いにて。

(Black Kiwi)
スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/193-f5bf992c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。