ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールブラックス対イングランド 第2戦

6月21日(土)クライストチャーチにて、オールブラックス対イングランド第2戦が行われた。


試合をふりかえってみよう。

試合開始早々、PGでオールブラックス先取。3-0
13分。カーターからの早いパスをうけ、カフイの初トライ。カーターのステップもパスも、カフイのフォローも素晴らしい。芸術作品のような美しいトライ。コンバージョンも決めて、10-0

20分。イングランドももう少しでトライを決められたが、マクドナルドのタックルでふせぐ。ビデオ判定により、ボールよりも先にひざがラインの外に出ていた。

27分。カーターあわやトライ。しかしボールがみえない。5メートルスクラム。この一連のプレイの歳、リッチーが負傷。アンクルを痛める。かなり重症の様子。
PGでオールブラックス3点追加。13-0

28分。カーターのトライ。コンバージョン○ 20-0

32分。イングランド少しずつ前にすすみ、もう少しでトライというところまで攻めるが、なかなかトライできない。ラウアキのgoodプレッシャーで、オールブラックスがターンオーバー。

ハーフタイム。
ハーフタイムの時点で、possision、teritoryともに50-50

41分。イングランド、真正面からの簡単なPGをミス。10番の選手、足を痛めている様子。
 
44分。PGカーターが決める。カーターは攻めてよし、守ってよし、蹴ってよし。天才という言葉はこの人のためにある。23-0.

46分。イングランドハーフバックのクイックGOで、初トライ。コンバージョン○。23-7

51分。シビバツからノヌーへのパス。ノヌーがトライ。コンバージョン○ 30-7

60分。シビバツの華麗なオフロードパスをうけ、ラウアキがトライ。コンバージョン○ 37-7

65分。イングランド、耐えて耐えて耐えて、11番のヴェンデル選手がトライ。コンバージョン× 37-12

72分。カフイ選手の前頭部とイングランドの選手の口がタックルの際にあたり、両者流血。イングランドの選手のほうがひどそう。車で退場。カフイ選手、あたった瞬間、倒れているイングランドの選手を気遣う。やっぱり、カフイはいいやつだ。カフイは、切れた頭にヘッドギアをつけて試合続行。

80分。ジミーカーワンのトライ。カーターにかわったドナルドが、コンバージョンを決めて試合終了。
ファイナルスコアは44-12.

我がチーフスのCTBカフイ選手のデビュー戦であったので、カフイ選手に注目していた。まるで親戚の若い甥っ子が出場するような気持ちで。
試合前の国歌斉唱で、感極まって涙ぐむカフイ選手。いいなあ。
カフイは、ファンを大事にする優しい人だった。チーフスのファンのつどいで、ペンを持っていない子どものためにペンを探しにいったり、「写真撮りたいの?シャッター押してあげようか?」と気を使ってくれたり。
気さくないいにいちゃんだ。
はじめての黒ジャージ、すばらしいできばえだった。
アシスタントコーチのウェイン・スミス氏も、試合後に絶賛。「オールブラックスの歴史の新しいページのはじまりかもしれない」とコメントしていた。


(Black Kiwi)
スポンサーサイト

Comments

遅まきながら

ご無沙汰してます。
VTRが故障してやっと試合見られました。
カフィ良かったですね
怪我人多いですが、次から次と
新人が出てくるのはさすがNZです
トライネーションが楽しみです

瑞穂さん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
カフイ選手は、つい親戚のおばちゃんのような気持ちになって応援してしまいます。
アリ・ウィリアムスもリッチーも怪我しましたもんね。
リッチーのかわりに、メッサムの名前があがっているそうで、それもまたうれしいです。リッチーが出ないのは寂しいのですが。

  • 2008/06/27(金) 07:07:58 |
  • URL |
  • Black Kiwi #-

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/195-caf2ea68
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。