ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランドのラグビー競技人口

ニュージーランドラグビーユニオンの発表によると、2008年のシーズンに地方やニュージーランドラグビーユニオンに登録してラグビーのゲームに参加した競技人口は、あらゆる年齢層をあわせてニュージーランド全国で140,279人だったそうだ。ニュージーランドの人口が約420万人だから、全人口の約3.3%が今年ラグビー競技に参加したことになる。ネットで少し調べたところ、イングランドは約120万人、南アフリカが約43万人、フランスが約20万人、オーストラリアが約14万人だそうだ。そして日本も13万人程度の競技人口がいるようだ。

そして、ニュージーランドでは、13歳以下のグループの競技人口が2007年よりも約7%も増えている。これは、ニュージーランドラグビーの将来を考えると、とてもいいニュースだ。以前にこのブログでもご紹介したが、13歳以下のプレーヤーは、Small Blacks と呼ばれ、地方ユニオンやニュージーランドラグビーユニオンがSmall Blacks Programme と題して低年齢用のプログラムをいろいろと行っている。Small Blacks というテレビ番組も放映されている。Small Blacks のサイトは以下の通り。
http://www.smallblacks.com/

しかしながら、ティーンエイジグループ(14歳から19歳)の競技人口は、2007年と比べて約1%下がっている。ニュージーランドでは14歳以上が高校生にあたる。13歳までクラブチームでラグビーをしていたプレーヤーが、高校に入ると他のスポーツなどを始めるということだろう。特に最近はサッカーをする人口も増えてきているようだ。このあたりが今後の課題かもしれないが、1%という数字は下がったとはいえ悪くはない。これに対して、Wanganui などでは、高校生の1軍の試合を平日の放課後に行い、土曜日をフリーにするという試みも行われているようだ。高校生に、ラグビーをやりながらも他の選択肢を選ぶ機会も与えるということだろう。

ニュージーランドラグビーユニオンも言っているように、ラグビー人口を増やすには、地方のラグビーユニオンの力が欠かせないだろう。


(Kickoff-T)
スポンサーサイト

Comments

何度もすみませんm(_ _)m

かなり昔の記事にコメントしてしまったので場違いですがここにコメントさせて下さい。以前に質問した件なのですが、自分たちに合ったトレーニングメニュー作りを、NZの人に手伝っていただくということは、もう出来ないのでしょうか??もし無理なら、NZのラグビー選手がどのような食事、トレーニングをして、あのような強くて切れのある体を手にいれたのか、分かる範囲で教えてください。 どうぞよろしくお願いします。

  • 2008/10/02(木) 01:19:43 |
  • URL |
  • NITRFC #-

以前は、ニュージーランドのラグビーコーチに日本からのご質問を回答してもらう、ということをこのブログでもやっていたのですが、ずっと質問に回答していただいていたロトルアのコーチが海外に移ってしまい、しばらくはニュージーランドに戻ってこないということで、最近はご質問をいただいてもお答えできない状態です。申し訳ありません。

トレーニングに関してのソースは、ニュージーランドラグビーユニオンが作っている、コーチングツールボックスが非常にわかりやすいと思います。オールグラックスドットコムの右上にリンクがあります。ほとんどボールを使ったトレーニングですが、フィットネスの内容も少しあったと思います。

  • 2008/10/03(金) 06:17:24 |
  • URL |
  • Kickoff-T #-

わかりました。もし質問が再開できるようになりましたら掲示をお願いします。

  • 2008/10/06(月) 17:11:55 |
  • URL |
  • NITRFC #-

NITRFCさん、わかりました。

  • 2008/10/13(月) 07:37:48 |
  • URL |
  • Kickoff-T #-

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/206-11d51c9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。