ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアニュージーランドカップ 2008

エアニュージーランドカップの、10週間に渡る Modified Round Robinが、先週末で終わり、14チームの順位が決定した。エアニュージーランドカップは、

Auckland
Bay of Plenty
Canterbury
Counties Manukau
Hawke’s Bay
Manawatu
Northland
North Harbour
Otago
Southland
Taranaki
Tasman
Waikato
Wellington

の14チームで戦われる。

10週間終わった順位は以下の通り。( )内の数字は最終獲得ポイント。ポイントは、一つ勝てば4ポイント、引き分けで2ポイント、1ゲーム中に4トライ以上すれば1ポイント、負けても7点差以内なら1ポイントが加算される。

Wellington(44)
Canterbury(42)
Hawke's Bay(34)
Bay of Plenty(28)
Southland(25)
Waikato(25)
Tasman(23)
Taranaki(23)
Northland(22)
Otago(22)
Auckland(22)
North Harbour(19)
Counties(13)
Manawatu(9 )

タウランガとロトルアを拠点とするBay of Plenty が今年は4位と大健闘。ヘッドコーチはヤマハでプレーをしていたケビンシューラー氏だ。また、今年はオークランドがファイナルに進めなかったという波乱があった。

そして、上位8チームがファイナルマッチに出場する。クオーターファイナルは、10月10日から12日の3日間で行われる。対戦カードは以下の通り。

10月10日
Canterbury v Tasman
Christchurch
7:35 pm

10月11日
Wellington v Taranaki
Wellington
5:05 pm

10月11日
BOP v Southland
Mt Maunganui
7:35 pm

10月12日
Hawke's Bay v Waikato
Napier
2:35 pm


その後、セミファイナルが行われて、ファイナルは10月25日の週末に行われる予定だ。その次の週の11月1日からオールブラックスのゲームが始まるので、ニュージーランドではずっとラグビーの試合を見ることができる。

Bay of Plenty はSouthlandに一度24対22で勝っているので、クオーターファイナルも是非勝利して欲しい。

エアニュージーランドカップは、皆地元のチームを応援するし、このレベルになると、高校の同級生や知り合い、親戚や家族などが出場している人もスーパー14などと違って増えてくるので、結構応援も盛り上がる。




(Kickoff-T)


スポンサーサイト

Comments

なるほど

つまり観戦側は通年でラグビーが楽しめるんですね!
でも、これからのシーズンは子供達ラグビー以外のスポーツになるんでしょうけど、大人ラグビーに興じているうちに、自分でもやりたくなったりしないんでしょうかね
グランドのポールはなくなっちゃってましたもんね

ニュージーランドでは、1月末のスーパー14のプレマッチに始まって、11月のオールブラックスのゲームまでほとんど休みなくラグビーが見られます。選手はかなり大変だと思います。これが、オールブラックスの選手が海外に出て行く一つの理由になっています。

今でも、高校の授業の間の休憩時間なんかは、みんなタッチラグビーをグランドでやっていますが、その程度ですね。今日から高校も4学期が始まりますが、ラグビーシーズンが終わって練習がなくなれば、学校もなんかのんびりした雰囲気になっていくように感じます。季節も暖かくなってきましたし。

  • 2008/10/13(月) 07:36:46 |
  • URL |
  • Kickoff-T #-

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/207-6b1b8a8e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。