ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ ニュージーランドが優勝!

11月22日なので少し前の話だが、オーストラリアで開催されていた、ラグビーリーグのワールドカップ2008で、ニュージーランドが優勝した。

ラグビーリーグは日本ではあまり紹介されていないと思うが、日本ラグビーリーグ協会もあるし、ホームページとブログもアップされている。

日本ラグビーリーグ協会ホームページ
http://www.geocities.jp/japaneserugbyleague/

日本ラグビーリーグ協会ブログ
http://geocities.yahoo.co.jp/gl/japaneserugbyleague

ニュージーランドでは、ラグビーユニオンと並んで、かなりの人気だし、ゲームのテレビ放映も多い。でも、やはりオーストラリアでのリーグ人気にはかなわないし、ナショナルチームもニュージーランドよりもオーストラリアのほうが、断然力がある、と皆思っていた。

その予想通り、今回のラグビーリーグのワールドカップ、ニュージーランドは10月26日に予選でオーストラリアと対戦し、6対30で、負けている。トライ数も、オーストラリア5トライに対して、ニュージーランドは1トライ。圧倒的な強さを見せつけられた格好だった。

ところが、約1ヵ月後の11月22日の決勝戦は、34対20でニュージーランドが勝利。ワールドカップを手に入れた。オールブラックスファンとしては、先にやられた、という感じだ。

11月22日の決勝戦は、ニュージーランド時間の夜9時半からのテレビ放映だったが、オーストラリアとの対戦と言うことで、リーグファン以外はあまり期待して観ていなかったようだ。でも、ワールドカップ優勝が報じられると、翌日曜日に放映されたリプレーは、多くの人が興奮して見たのではないだろうか。

テレビのスポーツニュースでもトップ扱いの出来事だった。

ニュージーランドでは、ユニオンのプレーヤーもリーグに転向したり、その逆もあったりして、ユニオンとリーグの垣根は低く、ファンもどちらもよく見るという人もいるし、リーグの方が見ていて面白いと言う人もいる。ロトルアボーイズハイスクールに通う、日本人高校ラグビー留学生でも、ユニオンの練習や試合のない日は、リーグに参加していた人もいた。

ラグビーのファン層を広げる一つの方法として、観戦でもプレーでも、リーグから入る、と言うのもいいかもしれない。



ラグビーリーグワールドカップ2008 公式サイト
http://www.rlwc08.com/default.aspx

ラグビーリーグワールドカップ2008 公式プログラム
http://activemagazine.smedia.com.au/Olive/am3/rlwcprogram4/

決勝戦の様子動画
http://jp.youtube.com/watch?v=4vKNZabTsFM





(Kickoff-T)
スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/211-aaf1bb04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。