ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパー14 ラウンド終了!

14週すべての試合が終了した。結果は以下の通り。
1.Bulls    46ポイント
2.Chiefs    45
3.Hurricanes 44
4.Crusaders 41
5.Waratahs 41
6.Sharks 38
7.Brumbies 38
8.W. Force 36
9.Blues 32
10.Stormers 27
11.Highlanders 26
12.Lions 25
13.Reds 18
14.Cheetahs 12

セミファイナルは、
2位チーフス対3位ハリケーンズ at ハミルトン
1位ブルズ対4位クルセーダーズ at プレトリア
となった。

チーフスはハリケーンズと2週間ぶりに再び対戦。
どちらのチームも相手に不足なし、というより、「この相手なら勝てる!」とお互い思っているような気がする。 チーフスは、主力となるSHのレナード選手、PRのメイ選手が怪我のためセミファイナルには出場できない。CTBのカフイ選手も今のところ出場できるかどうかはわからない。
チーフスもハリケーンズもバックスにスピードとスキルがあり、似ているチームだと思う。
ノヌー選手とスミス選手の連携、ムルアイナ選手、カフイ選手、ドナルド選手などのすばらしいコンビネーションプレイが楽しみである。チーフスのラインアウトがやや心配。
チーフスは、メッサム選手とラティマ選手の二人のFLも良い。
SHのレナード選手がいないのが痛手だ。レナードを欠いてウェプ選手に対抗できるか。

ブルズ対クルセーダーズ。
ブルズは、クルセーダーズを苦手としているのではないか。
ブルズのホーム試合ではあるが、クルセーダーズが一泡ふかせてくれるのではないかと期待している。


最終週(14週)に行われた試合結果は以下の通りである。

Chiefs v Brumbies Hamilton 10-7 (3点差)
Lions v Waratahs Johannesburg 33-38 (5点差)
Blues v Crusaders Auckland 13-15 (2点差)
Reds v Hurricanes Brisbane 28-37 (9点差)
W Force v Highlanders Perth 33-28 (5点差)
Cheetahs v Stormers Bloemfontein 22-28 (7点差)
Sharks v Bulls Durban, SA 26-27 (1点差)

すべての試合が僅差での勝敗となっている。
勝てばセミファイナルに残れるというチームが多かったせいだ。またセミファイナルに関係のない下位のチームでも、最終戦を勝って終わりたい来年につなげたいという気持ち、そしてプロとしての矜持を感じる名試合が多かった。例えばチーフス対ブランビーズ戦。いつもと違って、80分が非常に長く感じた。終了ホイッスルが鳴って「ああー、勝ったー!よかったー」と観ていただけなのにぐったり疲れるほど。
力の均衡したおもしろいスーパー14であった。


セミファイナルを決めたチーフスの3点差にちなんで、ニュージーランド航空が片道$3のハミルトン行きの国内航空チケットを売り出した。
即完売。
今週金曜の夜、また歴史が作られる。




スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/225-de835c5f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。