ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年W杯チケット価格決定 他

最近のニュースより抜粋してみよう。

【オールブラックス、39-12でフランスを降す】
11月28日、オールブラックスがフランスに勝利した。ウェールズとの接戦での勝利、スクラムでフラストレーションがたまったイタリア戦とつづき、大丈夫だろうか、負けるのではないだろうかとはらはらさせられたフランスとの一戦。
39-12でオールブラックスが勝った。5トライを決める快勝。久しぶりに強いオールブラックスが観られた。
ファンにとっては気持ちのよい試合であった。

【オールブラックス、バーバリアンズに25-18で敗れる】
12月5日にTwickenham で行なわれたオールブラックス対バーバリアンズ戦。オールブラックスが25-18でバーバリアンズに敗れた。1973年以来2度目のことだ。確かにバーバーズもいい選手がたくさん入っていたし、オールブラックスは若手を中心としたチームだったとはいえ、負けたのはショックだ。ハットトリックをしたBryan Habana選手、敵ながらあっぱれといったところか。
彼は速くてうまい。タックルもすばらしい。野獣のように速いが、トライが決まった時のあのニコーっとこぼれる独特の笑顔が有名である。

オールブラックスのキャプテン、Richie McCawは、バーアリアンズに負けたとはいえ、今年の北半球ツアー全体としての内容はよかった、とコメントしている。また、Graham Henry監督も、今年のオールブラックスに対して満足していると話している。

【2011年ワールドカップのチケット料金発表】

2011年ワールドカップのチケット料金発表が発表された。オールブラックス、ジャパンに関する料金は以下の通り。

オールブラックス対ジャパン(ハミルトン) 試合日:9月16日(金)
~NZ$250
オールブラックス対フランス(イーデンパーク) 9月24日(土)
~NZ$450
オールブラックス対トンガ(イーデンパーク) 9月9日(金)
~NZ$450
オールブラックス対カナダ(ウエリントン) 10月2日(日)
~NZ$250

ジャパン対フランス(ノースハーバー) 9月10日(土)
~NZ$95
ジャパン対トンガ(ファンガレイ) 9月21日(水)
~NZ$70
ジャパン対カナダ(ネイピア) 9月27日(火)
~NZ$70

準々決勝(クライストチャーチ2試合/ウエリントン2試合)10月8・9日(土・日)
~NZ$480
準決勝(イーデンパーク2試合) 10月15・16日(土・日)
~NZ$780
3位決定戦(イーデンパーク) 10月21日(金)
~NZ$350
決勝(イーデンパーク) 10月23日(日)
~NZ$1250

決勝戦の一番よい席の一番高いチケットでも、$1250である。
それほど高くないのではないか。
オールブラックス対ジャパンは、一番良い席で$250。現在のレート(NZ$1=約65円)で換算すると¥16250程度。
日本から観戦にこられては、いかがだろうか。
チケットは、2010年の4月に売り出されるらしい。


【Player of the Yearにリッチーが選ばれる】
IRBが発表する2009年のPlayer of the Yearに、オールブラックスキャプテンのRichie McCaw 選手が選ばれた。リッチーは、2006年にも同賞に選ばれており、2003年と2005年にもノミネートされファイナリストまで残った。
2009年にファイナリストとしてノミネートされていたのは、以下の選手たちである。
Brian O’Driscoll (アイルランド)
Jamie Heaslip(アイルランド)
Matt Giteau (オーストラリア)
Tom Croft (イングランド)
Francois Steyn (南アフリカ)
Fourie du Preez (南アフリカ)

リッチーが選ばれたことに対し、アイルランドのIrish Times紙の記者Gerry Thornley氏が疑問を投げかけた。
アイルランドのオドリスコール選手が選ばれるべきだったのではないかと。
「 McCaw選手は、今年はニュージーランド国内でも一番の選手ではなかったように思う。彼はもっと良い年が他にあった。マッコー選手はスーパー14の最優秀選手も逃したが、オドリスコール選手は、シックスネーションでもハイネケンカップでもtry scorerとして活躍したのに。」と。


【全国大学ラグビー組み合わせが決定】
ラグビーの全国大学選手権(20日開幕)の組み合わせ抽選会が行われ、同大以来2校目の3連覇を目指す早大(対抗戦1位)は、1回戦で関西第5代表(立命大-中京大の勝者)と対戦することが決まった。昨季準優勝の帝京大(対抗戦4位)は、初戦で関東学院大(リーグ戦2位)と激突。明大(対抗戦5位)は関東第5代表(拓大-東北学院大の勝者)と対戦する。リーグ戦覇者の東海大は筑波大(対抗戦3位)。対抗戦2位の慶大は、初戦で福岡大(九州1位)と当たる。(デイリースポーツオンラインより)


【全国高校ラグビー開会式後に、女子ラグビーセブンスの試合】
全国高校ラグビーの組み合わせ抽選会が行われた。
開会式後の女子ラグビーセブンス東西対抗戦に、ロトルアにラグビー留学している高校1年生が出場する。彼女は、2009年度のBay of Plenty Secondary School Girls(ニュージーランドベイオブプレンティ地区高校女子選抜チーム)に選ばれた留学生である。
全国高校ラグビー選手権はもちろんだが、開会式後の女子ラグビーセブンスにも注目してほしい。


(Black Kiwi)

スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/256-be3239a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。