ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロトルアガールズハイスクール対カナダ女子高校チーム

2010年4月9日、ロトルア市内の高校のグラウンドで、カナダから遠征してきている高校女子チームと、地元ロトルアガールズハイスクールの試合が行われた。

カナダのチームは、強豪だけあって、バランスのとれたスピードのある良いチームであった。ユニフォームからソックス、髪型にいたるまでみんな揃ってびしっと決まっている。





sakuragu_3.jpg


















カナダチームの試合前のウォームアップの様子。
髪をポニーテールにまとめ、みんながヘッドギアをつけている姿がりりしい。




sakuragu_5.jpg

















一方、日本人ラグビー留学生の所属する地元ロトルアガールズハイスクールの面々。急な召集であったためか、ユニフォームは揃っているもののショーツやソックスはバラバラ。
それでも、「よし、がんばろう!」と声をかけあい円陣を組む。体格のよいマオリの子が多い中、小柄な日本人ラグビーガールは、どこにいるのか見えない。


試合開始。



sakuragu_4.jpg




















カナダのチームはよくまとまっている。個人のスキルも高いが、チームとしての練習をかなりつんでニュージーランド遠征にきたのであろう。速いパス回しのフォーメーションが見事だ。パスがきちんとバックスに回り、スピードのあるバックスが走り回ってトライが決まる。
始まってすぐに2トライされた。
カナダのチーム、コンバージョンやペナルティキックは、LOの5番の選手が蹴るのだが、このキックがまたすばらしくうまい。男子高校生でも、コンバージョンはそんなに決まらないものだが、彼女は100%に近い確率でキックを決めた。
地元観客からも自然に拍手が起きる。







sakuragu_6.jpg















日本人ラグビーガール、コーチの指示で今年はハーフバックのポジションでのプレイ。
背番号はウィング11番のままであるが。




sakuragu_7.jpg




















まだ慣れないのかボールの回転が甘く、パスがふわりと浮いてしまうようだ。コーチの指示で、筋力をつければ改善するだろう。
目標がみえてきたのは、彼女にとってもチームにとっても良いことである。



RGHS、新しいチームになってからの全体練習はまだ数えるほどしか行っていない。タックル、前進など、個人的にパワーのある選手が多いのだが、まだチームとしての練習は明らかに足りないので、パスがつながらず、ターンオーバーされしまい、おもしろいように相手チームにトライを決められる。
日本人ラグビーガールも、体は小さいが良いタックルをする。倒されてもすぐに起き上がりまた走り出す。普段の彼女とは、顔つきが違う。目が違う。
ファイトあふれるプレイ。毎度のことだが観ているだけで、泣きそうになってしまう。
ラグビーガールがボールを持って走り出すと、「Go!Little one!(がんばれ、ちびっ子)」と観ていた地元の人から声がかかっていた。
後半になり、RGHSもようやくエンジンがかかったのか、動きもよくなりパスが回るようになってきた。後半、2トライ。




sakuragu_1.jpg





















試合終了。
RGHS、大差で負けた。カナダの女子高校生チーム強かった。いいチームだ。
試合後には、コーチの挨拶とマオリの唄。
試合が終わると、両チームとも少々シャイな10代の女の子の顔に戻った。





sakuragu_2.jpg














結果は、大差で負けてしまったが、試合後の日本人ラグビーガールのこの言葉が印象的であった。
「うちらは練習不足で負けちゃったけど、ちゃんともっと練習ができてたらいい勝負になったと思います。練習します!」


(Black Kiwi)
スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/262-d2445eec
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。