ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラグビーワールドカップ2011 ニュージーランド大会 チケットいよいよ発売!!

いよいよ明日4月27日火曜日から、ラグビーワールドカップ2011のニュージーランド大会のチケットが一般に発売される。

チケット発売の予定は以下のようになっている。

Phase 1

2010年4月27日火曜日午前9時(NZ時間)発売開始

べニューパック(会場ごとのパッケージ)
チームパック(チームごとのパッケージ)

例えば、べニューパックのロトルアを購入すると、ロトルアで行われる全試合が観戦できる。また、チームパックのジャパン(アジア1)を購入すると、ジャパンの全試合を観戦することができる。

べニューパック、チームパックの購入枚数限度は、一人4チケットまでだ。

またこれと同時に、べニューパック、または、チームパック購入者を対象に、ウエリントンとクライストチャーチで行われる準々決勝と、オークランドで行われる準決勝(3位決定戦)のチケットの発売も開始される。

Phase1 のチケット発売は、5月21日金曜日午後5時で締め切られる。


Phase 2

2010年8月か9月から

各試合ごとのチケット発売開始

パッケージではなく、一試合ごとのチケット発売が開始される。詳しい日程は現時点では未定。

例えば、ネイピアでのジャパン対カナダ戦のチケットだけ購入したい場合、Phase 2 の発売期間に購入することになる。


Phase 3

準決勝
決勝戦

2010年末ころ

Phase 1 でべニューパック、あるいは、チームパックを購入した人は、Phase 3 発売期間に、準決勝戦と決勝戦のチケット獲得抽選権への応募ができる。べニューパック、チームパックのチケット数に応じて、抽選権数も決まる。例えば、べニューパックを1チケット購入した人は、Phase 3 の抽選権は1権利分応募できる。

ただし、大会スポンサーのマスターカードでPhase 1 のチケットを購入した人は、抽選の権利が倍になる。例えば、マスターカードでべニューパックを1チケット購入した人は、Phase 3 で2権利分の応募ができる。つまり、マスターカードでPhase 1 のチケットを購入すれば、準決勝、決勝のチケットの当選確率が倍になる、ということだ。

詳しくは、以下のサイトで必ず確認してください。
http://tickets.rugbyworldcup.com/pdf/rwc2011ticketguide.pdf


では、ジャパンの試合やオールブラックスの試合は、どのくらいの価格で観戦できるのだろうか。


まず、日本戦の日程は以下のようになっている。

9月10日土曜日
フランス戦
North Shore
North Harbour Stadium

9月16日金曜日
オールブラックス戦
Hamilton
Waikato Stadium

9月21日水曜日1
トンガ戦
Whangarei
Northland Events Centre

9月27日火曜日
カナダ戦
Napier
McLean Park

この4試合全てのパッケージである、ジャパン(アジア1)のチームパックの価格は、

一番いい席で NZ$485
二番目の席で NZ$385

となっている。NZ$485で、フランス戦、オールブラックス戦を含めて4試合も観られるのだから、そんなに高くはないと思う。ただし、これに移動費と宿泊費が必要だ。

また、ちなみにオールブラックスのチームパックの価格は、

一番いい席で NZ$1400
二番目の席で NZ$1080
三番目の席で NZ$720
四番目の席で NZ$430

となっている。ジャパンの一番いい席と、オールブラックスの一番安い席の価格がほぼ同じだ。でも、ジャパンのチームパックには、オールブラックスの試合も入っているのだから、NZ$485でオールブラックスの試合が少なくとも一試合は、一番いい席で観戦できることになる。

べニューパックだが、オークランドのイーデンパークのべニューパックの価格は以下のようになっている。

一番いい席で NZ$1720
二番目の席で NZ$1375
三番目の席で NZ$880
四番目の席で NZ$470
五番目の席で NZ$236

試合は、

9月9日金曜日
オールブラックス対トンガ
9月17日土曜日
オーストラリア対アイルランド
9月24日土曜日
オールブラックス対フランス
9月25日日曜日
フィジー対サモア
10月1日土曜日
イングランド対スコットランド

となっている。さすがにいい試合ばかりで、しかも5試合ある。


ちなみに、ロトルアでは以下の3試合が行われる。

9月10日土曜日
フィジー対ナンビア
9月14日水曜日
サモア対ナンビア
9月25日日曜日
アイルランド対ヨーロッパ2

そしてロトルアのべニューパックの価格は以下の通り。

一番いい席で NZ$235
二番目の席で NZ$195
三番目の席で NZ$90


また、ハミルトンの試合とべニューパックの価格は以下の通り。

9月16日金曜日
オールブラックス対ジャパン
9月18日日曜日
ウエールズ対サモア
10月2日日曜日
ウエールズ対フィジー

価格は、

一番いい席で NZ$520
二番目の席で NZ$405
三番目の席で NZ$295
その他、NZ$200、NZ$130など

となっている。


チケットの価格は、例えば、

日本のチームパック4試合、
ハミルトンのべニューパック、
ロトルアのべニューパック

の3つのパッケージを買うと、実際観戦できるのが8試合。価格は、一番いい席で合計1,240ドルだ。

日程は以下のようになる。

9月10日、
ジャパン対フランス (ノースショア)か 
フィジー対ナンビア (ロトルア)
どちらか

9月14日、
サモア対ナンビア (ロトルア)

9月16日、
ジャパン対オールブラックス (ハミルトン)

9月18日、
ウエールズ対サモア (ハミルトン)

9月21日、
ジャパン対トンガ (ファンガレイ)

9月25日、
アイルランド対ヨーロッパ2 (ロトルア)

9月27日、
ジャパン対カナダ (ネイピア)

10月2日、
ウエールズ対フィジー (ハミルトン)

この例では、NZ$1240で、9月10日から10月2日までの23日間で合計8試合(約3日間に1試合)、ジャパンの全試合と、オールブラックス、フランス、ウエールズ、アイルランド、フィジー、サモアなどの試合が観られる。

ジャパンのチームパックは購入するとしても、他のチームパックやべニューパックを組み合わせれば、いろんなパターンの観戦が可能だ。予算と日程とを考えて、自分で組んでみるのもおもしろいと思う。


いよいよワールドカップが近づいてきた。


(Kickoff-T)



※価格、日程、購入方法、購入条件などは、必ずご自身で確認して、購入者自身の責任でチケットを購入してください。このブログの情報をもとにチケットを購入された時に発生するいかなる損害や不利益などに対しても、このブログの管理人及びキックオフNZ は、いかなる責任も負いません。
スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/263-01a2700a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。