ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NZプロコーチ、ジャパンラグビーを考える

ジャパンは、どうして、カナダやアイルランドに勝つことができないのか。
どのようにすれば、勝てるのか。
ジャパンラグビーについて思うところを、ジム・ラブに聞いてみました。

以下はTashiryさんからいただいたご質問です。


Japan was defeated at Canada in the other day's The Super-cup.
The attack of the line seemed to be defended effectively, and it to be difficult to exceed the gain line Japan.
First of all, I want to ask the impression to the rugby of traditional Japan.
And, you should request the solution on the extension line or there is other methods or I want to ask it.

スーパーカップの試合で、ジャパンはカナダに負けました。
アタックのラインが効果的に守られて、ジャパンはゲインラインを伸ばすことが難しかったようです。
まずはじめに、伝統的なジャパンラグビーに対する印象をお聞かせください。
そして、ラインをもっと得るためにどのようにしたらいいか、いい方法を教えてください。


pat.jpg



上記の質問に対し、ジム・ラブにインタビューしてまいりました。
以下、ジムの答えです。


ジャパンに対するあなたの印象は?

ジャパンチームとは、トンガチームを率いていたときなど、何回か試合をしたことがあります。
ジャパンに対する私の印象は、
Very fast (速い)
Very organized (組織だっている)
Very structured (構造化されている)
ということです。
とても、いいチームです。



ジャパンに知っている選手はいますか?いいと思う選手は誰ですか?

個人的に知っているという選手はいませんが、試合を観て何人か良いと思った選手がいます。
名前はわからないのですが、ジャパンはフォワードに非常によい選手がいました。Hookerも良かったし、ロックやフランカーなどJumperもすごく良かった。



ジャパンは、カナダにも、主力選手を欠いたアイルランドにも、勝てなかったのですが、どうしてだと思いますか?


もっと、フォワードを使った方がいいと思います。
Use the forward to break the gain line and create quick front foot ball.
これが大事です。
 


アイルランドとの1回目のテストマッチでは、ジャパンは攻めがたりずに、キックばかりを多用し、つまらない試合でがっかりしたと言っている人が多かったのですが、そのあたりをどう考えますか?


それこそ、まさに、もっとフォワードを使わないといけないという理由です。
ラックとモールをしっかり組み、ボールをしっかりキープすること、そこからバックスにつなげれば、ラインをextendすることができるはずです。
ジャパンはせっかくフォワードがいいのだから、モールでボールをgood controlすることが大事なんです。
あえて言うなら、そこがジャパンに少し足りないところだと思います。



ジャパンの選手は身体が細くて、体格的に、ニュージーランドやオーストラリアの選手に負けてしまうようなことはないですか?


NO!
大丈夫です。体格や体力で負けることはありません。
国の代表として(国を背負って)試合するチャンスが少ないだけです。
They can match nations.
もっと国際試合をたくさんしたほうがいい。
時間がかかると思いますが、ジャパンはもっと強くなると思います。
foward...and a maul is important.



jim_ray.jpg

NZ Maoriのフォワードの練習を監督するジム・ラブ




明日のアイルランドとのテストマッチ第2戦、ジャパンがいい試合をして、そして勝ってほしいものです。
観客が赤いジャージでスタンドをうめ、勝利の凱歌がきけることを祈っています。

(Black Kiwi)


スポンサーサイト

Comments

勝って 泣くことはできませんでした。
「FWをもっと使う」 そおかもしれませんね、
「JAPANは強くなる」という言葉を信じて また応援します。
あ~ でも時間がかかるのか、、、

  • 2005/06/20(月) 04:38:33 |
  • URL |
  • さんぼ #-

フォワードをうまく使う事と国際試合を増やす事ですか・・・。なるほど。
長い目で期待します。

  • 2005/06/20(月) 13:01:51 |
  • URL |
  • にこにこ #-

ジムはマオリオールブラックスのファワードコーチでもあるので、フォワードが目につくんでしょうね。
ご本人も、ずっとLock、たまに負担カーのポジションだったようです。

現役のころ(30年前)のジムの写真を見せてもらいましたが、今より、ふけてました。

アイルランド戦、ジャパン残念でした。大畑大介選手が、いい言葉を言ってたみたいですね。
シックスネーションズのどの国かに一度でも勝てたら、そこからジャパンがかわるような気がします。
フィジーとかサモア、トンガなどとももっと試合をすればいいなあ。

  • 2005/06/21(火) 08:33:54 |
  • URL |
  • Black Kiwi #-

japanがフィジー、サモア、トンガとオーストラリアの4つのスーパー14のクラブとで 大会をする話 NZでも 出てます?
stand in black って何やってんですか?

  • 2005/06/24(金) 01:33:05 |
  • URL |
  • さんぼ #-

さんぽさん
その話、出てますよ。ニュースでやってたような気がします。
stand in blackはまとまってこうしようという運動はないですが、顔を黒白に塗り分ける、オールブラックスジャージを着る、マフラーをする、オールブラックスの帽子をかぶる、旗をふる、などでしょうか。

  • 2005/06/24(金) 13:59:26 |
  • URL |
  • Black Kiwi #-

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/27-ed2f22ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。