ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IRB 2010年のベストプレーヤー

IRB(International Rugby Board)が選ぶ、2010年のPlayer of the Yearが発表になった。

その人とは...

現在世界ランキング1位オールブラックスのキャプテン、Richie McCaw(29歳)である。

リッチーは、2001年にオールブラックスのキャプテンになってから、この賞に選ばれるのは今回が3回目で、一人の選手が3回選ばれたのは初めてのことである。

リッチー以外に、今年のこの賞にノミネートされていたのは以下の選手。

Mils Muliaina (NZ)
Victor Matfield (South Africa)
Imanol Harinordoquy (France)
David Pocock (Australia)
Kurtley Beale(Australia)

この中でリッチーが選ばれた理由について、IRBの選考委員の一人であるジョン・イールズ(もとワラビーズキャプテン)がこのように言っている。

「リッチーのような選手がいることは、全世界のラグビー界において幸運なことである。彼は偉大なるキャプテンであり、世界レベルのプレーヤーであり、ラグビーというスポーツにおいてお手本となる人物である。」

リッチーいはく、
「いい年だった。コーチも選手もみんなが成果をだせた年であった。いい選手と一緒に戦えることはすごい楽しかった。また、単純に僕はラグビーをするのが、特に国際試合をするのが大好きなんだ。」

リッチーのほかに、グラハムヘンリー監督が'Coach of the Year'に選ばれた。ヘンリー監督がこの賞に選ばれたのは、2005、2006、2008年に続き4回目。


リッチーは、ミスをほとんどしない。
リッチーがボールをボールを落としたり、変なパスを出したりという場面をほとんどみない。
ミスをしない。すごいことだ。

ヘンリー監督がいう。
「これらのアワードは、チームがいかによくがんばったかの象徴だ。選手はもちろん、アシスタントコーチもチームマネージャーも。みんなで勝ち取ったアワードだと思う。」


オールブラックス、来年のワールドカップが楽しみだ。


(Black Kiwi)
スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/275-edc0191f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。