ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジム・ラブ スペシャル

今日のジムのコーチングは、基本的なことであるが、「パスの受け方」について。

まずは、手首のばねをいかして、片手でパスを受けてそのまま片手でパスを投げる練習。

jim_sp_1.jpg


円陣を作り、一方方向に動きながら、片手でパスをし、片手で受ける。
どんどんスピードが速くなっていく。
ボールがもう一つ投入される。
名前を呼び合って、どんどんパスを回す。
ぼんやりしているとついていけない。
片手でキャッチするのはことのほか難しい。

ジムのゲキがとぶ。
「手首のばねをいかすんだ。手のひらを上に向けて、もっと手首を柔らかく。投げるときも腕を使うのでなく、この距離なら手首で投げろ。」


今度は、高いパスやハイパイントをキャッチする練習。
ジムがまずやってみせる。

jim_sp_2.jpg


「パスはできるだけ、高い位置で受けること。なぜだかわかるか?タツ。」
日本人ラガーマンのタツ君、ちょっと照れて
「うーん、わかりません。」
ジム、ニコと笑う。
「高い位置でとろうとすれば、万一受け損なっても低い位置でフォローできるだろう?最初から低い位置で受けようとすれば、失敗すればノックオンだ。」


「そして、このように片足をあげて、ボールを頭の上でキャッチしたら、そのまま、その体勢を2~3秒キープするんだ。」

jim_sp_3.jpg


ひとりずつ、やってみて、ジムが一人一人のよくないところを直してくれる。
うまくいったら、ジムは本当にうれしそう。
「そう、そう!うまい!それでいいんだ。拍手!」
すばらしくできた選手に対して、みんな拍手する。
できなかった人に罰をあたえるのでなく、うまくできた者を賞賛する。それがジム流。


簡単そうに見えて、これは意外に難しい。
パスの落下地点にできるだけ速くはいり、腕をあげて、片足をあげて、キャッチ。そのままの姿勢をしばらくキープ。

jim_sp_4.jpg


ボールの落下地点にはいるのが遅かったり、ボールをキャッチする位置が悪かったりすると、バランスを崩し、不恰好になってしまう。


試合で高いパスをキャッチしても、「片足をあげてそのままの姿勢をキープ」する場面というのは出てこないはずだが、なぜ、このようなことをするのか?
ジムに聞いてみた。

「バランスの練習だ。確かに試合ではこんな格好をキープすることはないが、この練習をしておくことで、バランスよくパスを受け、次につなげることができるんだよ。また、下半身を安定させるトレーニングにもなる。下半身が安定するとタックルされても倒れないようになってくる。」

「これはあまり他のコーチはやっていない練習だが、効果があるんだ。そう、『ジム・ラブ スペシャル』だよ。わははは。」




もっともっと他の『ジム・ラブ スペシャル』についても、知りたくなった。

jim_sp_5.jpg



ジムはすごい人だ。

ジムは言う。
「僕のラグビー人生は、4歳のときから始まったが、今考えると、選手を引退して若い選手をコーチしはじめた頃からが一番楽しいね。」




ジムのコーチングの経歴をご紹介します。
ジムは、New Zealand Sports AcademyのCEOである他に、今年ライオンズをやぶった「NZマオリ」チームの現役コーチでもあるんですよ。

2004 -
NZ Maori All Blacks Assistant Coach
2001 - 2003
Tongan National Team Coach
1998 - 2001
NZ Maori All Blacks Coach (Unbeaten world record of 25 wins)
1991, 1996 - 1997
Marlborough NPC Coach
- Runner up 3rd division 1996
- Winner 3rd division 1997
1995 - 1998
South Island Maori Coach
1998
NZ U21 Trial coach
1997
NZ Maori Seven's Coach (Invitation team to Samoa)
1997
Nelson/Marlborough Combined side Coach vs France
1987 - 1995 (9yrs)
Seddon Shield Districts Maori Coach
- Te Waipounamu Shield - 3 times
- South Island Districts Cup
- Ratana Cup
- Maowhera Trophy and Tirikatene Shield


(Black Kiwi)
スポンサーサイト

Comments

先日 5才の息子を連れてスクールに行ってきました。 片手でパスをしろとか 絶対に日本では やらなそうですよね、、、
ボールをもって走るのも 両手が基本ですが 長い距離を 両手で持たせて走るのはどうかと 私は思います。
コーチ達もラグビー経験がある人ばかりではないので 一つの基本だけで全てを教えてしまうような、、、
もっと 柔軟に指導してほしいと感じました。

  • 2005/09/13(火) 15:49:14 |
  • URL |
  • さんぼ #-

いい練習ですねー!実はうちのチームはハンドリングが悪くて(僕のせいです)困っていて、質問コーナーに投稿しようとしていたところです。小さい頃からハンドリングの練習を取り入れないとダメですね。BKのラインパスでどうしても胸でボールを受ける癖がついています。手で取る練習はしてるんですが・・・。むずかしいですね。

  • 2005/09/13(火) 17:06:32 |
  • URL |
  • にこにこ #-

★さんぼさん
片手でのパスのキャッチ、そのまま片手でパスをする練習というのは、私もはじめてみました。日本人留学生の選手に聞いてみても、こういう練習ははじめてだと言ってました。
基本は両手で胸の前でパスを受けろと言いますよね。
長い距離を両手で持ってるのが、基本なんですか?大人の選手はみんな片手で持って走ってますが、基本は両手なんですね。
5歳の息子さん、かわいかったでしょうね。小さな子がラグビージャージを着て走っているのをみるだけで、がんばってる姿がけなげで胸が熱くなります。

  • 2005/09/14(水) 08:21:36 |
  • URL |
  • Black Kiwi #-

★にこにこさん
ジムに質問があればいつでもどうぞ。片手でパスを受けるというのはハンドリングの練習になるかもしれませんねー。アカデミーでは、手首をいかしてボールをうまくキャッチできるための特訓として、ボールのかわりにフリスビーを使ってゲームをしたりもしています。
いつか、にこにこさん、ジムの指導をうけてみませんか?各国からコーチチングを学びにコーチの方々もいらしています。

  • 2005/09/14(水) 08:26:05 |
  • URL |
  • Black Kiwi #-

早速ですが、ジムに質問よろしいでしょうか?
11歳のチームです。スクラムハーフ(NZではハーフバックでしたっけ?)にスクリュ-パスを教えていますがなかなか上手くパスが出せません。
彼は手が小さいので無理にスクリュ-パスをやらせない方が良いのかとも思っています。なにか良い練習方法はないでしょうか。

  • 2005/09/14(水) 17:15:44 |
  • URL |
  • にこにこ #-

今週 我がノースハーバー対BOP
ですね もし 見にいかれたら
感想聞かせてください

  • 2005/09/15(木) 15:05:58 |
  • URL |
  • さんぼ #-

★にこにこさん
ご質問ありがとうございます。
来週、ジムに聞いてきます。しばらくお待ちください。

★さんぼさん
BOPはきっとハーバーには勝てないでしょうね。去年ベスト4に残ったのがうそのようです。
グレン・ジャクソンもいなくなっちゃったし。
マッカリスターくんの活躍が楽しみですね。

  • 2005/09/15(木) 18:29:34 |
  • URL |
  • Black Kiwi #-

★さんぼさん
ご覧になりましたか?ハーバー対BOP。
私は週末、ロトルアにいなかったので、観にいけなかったのです。(ロトルアで試合があることも、さんぼさんに言われてはじめて気がつきました。)
試合結果ですが、やはりハーバー圧勝でしたね。BOPはいいとこなしでした。
マッカリスターのいい走りが見られてよかったです。
BOPはキャプテンのオーモンド選手がフラストレーションがたまってかりかりしてました。

  • 2005/09/19(月) 11:24:18 |
  • URL |
  • Black Kiwi #-

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/69-54501b7b

いよいよキックオフ

 「2011年WC開催地決定まであと 62日」{/face_fight/} いよいよ今日キックオフ。私も花園に行ってトヨタの応援に参ります。相手はかつての強豪サントリー、大久保が戻り栗原が復調してきて少々手ごわくなっているとは思いますが、今年のトヨタの敵ではないと思っ

  • 2005/09/17(土) 05:46:15 |
  • 瑞穂のラグビー好き
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。