ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きみたちは、ひとつのチームなんだ

New Zealand Sports Academyの午前中のフィットネス練習終了後、コーチのダリルが、生徒たちに注意をしていた。


背筋がしゅっとのびて姿勢がよく、いつも穏やかにニコニコしているダリルが、いつになく、声を荒げていた。


「今日は、僕は君たちにがっかりした。
今日の走りこみの練習のときだ。
自分が終わったら、あとは他の人たちの走りは見なくていいのか?お互いに見合って、アドバイスをしあうべきなのではないのか?君たちは、一つのチームなんだ。個人の能力をのばしても、チームとしての力がないと勝てないんだよ。なんのために練習しているのか、試合に勝つためだろう?そのためには、チームとしてベターにならないといけないだろ?それをちゃんと考えないとだめだ!」




ダリルの言ってることは、全く当たり前のことだ。
たまたま練習中にちょっと手を抜いている生徒がいたのだろう。
生徒たちは、神妙に真剣に聞いていた。
こんなとき、ニュージーランドの若いラガーマンは、うつむいたりしない。
まっすぐ顔をあげて、みんな話しているダリルの目をじっと見ていた。

110505_1.jpg

昼食をとりながら、午前中の練習の様子をビデオで観て分析する生徒たち。
(この直前に、ダリルに注意をうけた。)


We are a team!We have to be better as a team.
そうやってゲキをとばすダリルの言葉に、私は少し胸が熱くなった。



110505_2.jpg

練習を監督するジムとダリル


(Black Kiwi)


スポンサーサイト

Comments

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/7-95871e8c

「フィットネス」でブログ検索してみました。

「 フィットネス 」の検索結果で、「ニュージーランド ラグビーブログ .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。

  • 2005/05/12(木) 08:18:55 |
  • 日刊カタログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。