ニュージーランド ラグビーブログ

ニュージーランドと日本を結ぶ 双方向ラグビーブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールブラックスの伝説 バック・シェルフォード

第一回ラグビーW杯、圧倒的な強さをみせつけたオールブラックス。そのキャプテンとして、他に類をみない抜群のキャプテンシー。
アグレッシブなNO.8。
誰よりも力強くHAKAのリードをつとめた闘将。
その人こそ、オールブラックスの「伝説」バック・シェルフォード。
(本名:ウェイン・シェルフォード)

buck_1.jpg


ニュージーランドの最高の名主将として知られ、キャプテンになってからの4年間(87~91年)はテストマッチにおいて“不敗”記録を持つ(14戦13勝1分け)というまさにlegend(伝説)。


バックがオールブラックスキャプテンを退いたあとの試合で、ニュージーランドが負け、観客たちが涙を流さんばかりに「Bring Back 、 Buck!」(バックを戻せ!)と叫んだのは有名な話。

buck_2.jpg

(写真:ニュージーランドのラグビー雑誌を撮影)



現在は、日本とニュージーランドを行き来しながら、立命館大学のコーチをしているバック。
ロトルア出身のバックは、アカデミーのジムとも友達。マオリオールブラックスの一員として一緒に戦ったこともあるからだ。


ゲストコーチとして、New Zealand Sports Academyのboysを指導するバック。

buck_3.jpg


「伝説」にコーチしてもらった生徒達は、緊張しながらも興奮。
コーチングのあと、記念撮影をしてもらったりしていた。

buck_4.jpg



現役の頃から比べると少々おなか周りに貫禄がついた(?)バック・シェルフォード氏。
そんなすごいコーチに普段から気さくに練習をみてもらえるのが、ニュージーランドでラグビーをすることの魅力である。


(Black Kiwi)
スポンサーサイト

Comments

先日の京産大-立命館大の試合の時TVで拝見しました。凄い人がコーチングされてるんですねー。フルタイムコーチになったら立命館大は脅威ですね。

  • 2005/10/07(金) 13:59:16 |
  • URL |
  • にこにこ #-

たぶん 第1回W杯の後からキャプテンになったんじゃないかと思います。
この辺は小林深緑郎さんに聞いてみたほうが、、、
さて バックの持っているボールが懐かしいですね 先端が黒のアディダスの皮ボール あこがれましたね。
ちょうど 「ブリング バック バック」の頃 NZにいました。 我がノースハーバーのキャプテンでもあったバックに 何度も 叫びましたよ。バックがグランドに出てきたときの「ブリング バック バック」コール 凄かったですよ。
試合前に プログラムにサインしてもらったこともあります。 そのプログラムどこいったんだろう???
日本で見かけたら 「ブリング バック バック」 コールしてみます。

★にこにこさん
バックは、日本も好きなようですが、ニュージーランドも好きなんでしょうね。本当にかっこいいおっちゃんです。

★さんぼさん
ブリング、バック、バックを一緒に叫んだ時代なんですねー、すごいです!昔のバックは本当にかっこいいですね。今もかっこいいけど。

>日本で見かけたら 「ブリング バック バック」 コールしてみます。

ぜひ、お願いします。バック喜ぶでしょうねえ。バックってノースハーバー所属だったのですね。

おじゃまします

久しぶりにBackの姿をみました。第1回WCの開幕戦、VSイタリア戦をみて衝撃を覚えました。13歳でしたが、Backに憧れ、2年後にノースハーバーへ短期ながらも留学しました。自分にとっては神様です。日本人でBackを語ったら結構良いせんいくと思います(笑)。よく、サイドアタックの真似してました。それと、イタリア戦でボールを持って前進しながら孤立するマイケル・ジョーンズに後ろからタックルするように腰に入り、「行きすぎだ!」といわんばかりにサポートした姿が目に焼きついています。30過ぎても目標です!!

  • 2005/10/08(土) 03:52:26 |
  • URL |
  • samoarugby #ZHd/KlfY

★samoarugbyさん
>Backに憧れ、2年後にノースハーバーへ短期ながらも留学しました。
さんぼさんとは一緒じゃなかったのですか?buckへの思い入れがひしひしと伝わってきますねー。

>イタリア戦でボールを持って前進しながら孤立するマイケル・ジョーンズに後ろからタックルするように腰に入り、「行きすぎだ!」といわんばかりにサポートした姿

これ観たかったなあ。いいですねー。

buckは、今年の冬ニュージーランドのインフルエンザ予防のポスターになってました。町でそのポスターをみかけたとき、「このヒトみたことあるなあ。誰やったかな?」と思ったらバックでした。
バックの弟のダリルもすっごい良い人ですよ。
あこがれのバックに会いにもう一度ニュージーランドに来てください。ロトルアにはたまに帰ってきてはるみたいです。

  • 2005/10/08(土) 10:12:48 |
  • URL |
  • Black Kiwi #-

伝説ですね

いつも楽しく読ませて頂いてます。
第1回WCのニュージーランドは本当に強かった記憶があります。
まさかその後3回続けてカップを逃すとは夢にも思いませんでした。
さて、オールブラックスは、この秋(と言うか春ですね)
ヨーロッパにグランドスラムツアーに遠征しますね。
もちろんNZの人は
全勝を信じていることと思いますが、怪我人の復帰
具合どうでしょうか?ダンカータはじめトライネーション
での怪我人の復帰具合が心配です。情報あれば教えて下さい。

samoarugbyさん 今年のハーバーいいみたいですよ、セミ決定だと思います。 
私が NZにいたのは89、90、91年かな その辺の3年間です。
グレンフィールドのレストリクティドのチームでした。 どっかで すれ違っていたかもしれないですね。

バックはノースハーバーでも神様のようでしたね、 スタンドにバックの大きな看板を持ってきたファンがいて それを掲げると スタンドのハーバーファンはアラーの神みたいに 頭を下げたものでした、、、
懐かしいですね

ノースハーバー

今年の夏、トヨタと試合しましたので親近感が沸きますね。
大きくて強かったFWでしたが、トヨタも結構いい試合しました。
スクラムは互角で試合後のコメントでNHのコーチが
驚いていた記憶があります。
また試合結果などわかれば教えて下さい。

★さんぼさん、瑞穂さん
ハーバー、セミ決定でしたか。
NPCも今週セミファイナル。ハーバーの試合では、マカリスター君がいい動きをしてますねー。

バックは、今月中にまたロトルアに戻ってくるみたいですよ。そんなことをジムが言ってました。

TOYOTAはハーバーとも試合をしたんですね。カウンティーズマヌカウとBOPだけかと思ってました。
ハーバーは強いですよねえ。

  • 2005/10/12(水) 07:32:46 |
  • URL |
  • Black Kiwi #-

コメントの投稿

Only to Weblog Master

Trackbacks

Trackback URL
http://nzrugby.blog9.fc2.com/tb.php/78-205f684d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。